10月24日まで期間限定 クーポンコード canvasm1018 で検査キット全品20%OFF

更年期のイライラとリラックスする方法

この記事の監修者

前田 裕斗

産婦人科専門医

経歴

2013年3月 東京大学医学部医学科卒業
2015年3月 川崎市立川崎病院にて初期臨床研修修了
2015年4月 神戸市立医療センター中央市民病院産婦人科専攻医
2018年4月 国立成育医療研究センター産科フェロー
2018年10月 日本産科婦人科学会産婦人科専門医取得
2021年4月 東京医科歯科大学国際健康推進医学分野博士課程在学

更年期には、イライラする怒りを感じることが増えると言われています。

特にイライラなど怒りを伴う感情は、更年期にホルモンバランスが変動することによって起こりやすくなっている可能性があります。

この記事では、イライラが気になる女性に更年期とイライラの関係とその対処法や緩和方法をご紹介します。

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

友だち追加

更年期うつの可能性もある

更年期に入り、気分が落ち込みふさぎこんでしまうことはありませんか?それは、更年期うつの可能性があります。

人によって症状は様々です。イライラやほてり、高血圧、倦怠感、また吐き気などが出ることもあります。安定剤がないと眠れなくなってしまったり、イライラの抑え方がわからず途方に暮れることもあるでしょう。

これらは女性ホルモンの減少に関係しています。エストロゲンなどの女性ホルモンは、脳からの命令で卵巣から分泌されます。

更年期と言われる年齢にさしかかると、卵巣機能が低下することにより、脳からの命令がうまく伝達できなくなります。結果として女性ホルモンが減少し、意欲の低下などのうつ症状につながります。 

更年期のイライラにお悩みの方は婦人科へ

診察の様子

では、更年期の症状がつらい時は、何科を受診すれば良いのでしょうか。答えは「婦人科」です。

婦人科では、年齢や症状、血液検査などから、イライラの原因が更年期によるものか診断します。 治療法は様々あり、足りないホルモンを薬で補充する方法(HRT)や漢方薬などが一般的です。

更年期がつらい女性は、健康な他年齢の女性と比較して明らかに生活の質が悪くなっていること、また特にイライラのような精神的症状にはHRTが効果的であることが報告されています1)。

症状がつらい時は我慢せずに婦人科もしくはかかりつけ医を受診してみましょう。

アロマ・精油でリラックス

アロマ

病院を受診すること以外に、更年期のイライラの対処法として、アロマや精油が挙げられます。その理由はリラックス効果があるからです。

ストレスによって唾液中に分泌される成分と脳波のα波を測定し、ストレス反応を見る実験では、比較的低濃度のラベンダーアロマ吸引によりストレスが改善することがわかっています2)。

他にもエストロゲンに似た働きをもつアロマや精油もあるので、自分に合う香りを探してみるのもおすすめです。

アロマ以外では、大豆イソフラボンを多く含む豆乳が、忙しくて病院へなかなか行けない人や、病院に行くほどではないちょっとした精神的不調に取り入れやすい食材です。

若年性更年期の可能性もある

更年期とは、閉経の前後5年の合計10年間のことで、一般的には40代後半から50代前半と言われています。

一方、若い世代にも更年期の症状が出ることがあり、若年性更年期と呼ばれています。起こりうる症状は通常の更年期と似ており、イライラや不安感、うつ症状などです。

他にも、ダイエットやストレスなどによるホルモンバランスの乱れが原因として挙げられます。過度のダイエットは鉄分不足による貧血を引き起こし、めまいや倦怠感などの更年期と似た症状が出ることが あります。

症状がつらい時は、無理をせずに病院を受診したり、ストレッチやヨガ、食生活の見直しなどが重要です。 

以下の記事も合わせて読む
プレ更年期とは?対処法や治療法もご紹介

漢方薬を取り入れることで諸症状の緩和に繋がることも

つらい更年期症状には漢方薬の服用も有効です。漢方薬は、その人の体質や生活習慣など様々なことを総合的に見直し、体の内側から緩やかに症状を改善していくものです。漢方薬には様々なものがありますが、更年期症状に有効な漢方薬は以下のとおりです。

  • 加味逍遙散(カミショウヨウサン):抑うつやイライラ、ほてり、のぼせなど
  • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):冷えや貧血の傾向がある
  • 桂枝茯苓丸(キエシブクリョウガン):のぼせや頭痛、下腹部痛などがある

更年期の症状には個人差があり、症状にあった漢方薬の服用が必要です。漢方薬はゆっくり症状を改善してくれるので、生活に取り入れやすいため、すこしずつでも症状を軽くしたいといった方はぜひ医師や薬剤師に相談してみてください。

▼ 自宅から漢方が注文できる
オーダーメイド漢方定期便はこちら

まとめ

更年期のイライラについて紹介しました。

落ち着く方法は個人差があるので、自分に合ったリラックス方法を探してみる、気持ちが晴れやかになる趣味などを見つけてみても良いかもしれません。

自分のホルモンバランスが乱れているか分からない場合は婦人科で検査をするか、canvasの検査キットを試してみるのもおすすめです。

canvasの検査キットはこちら

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

友だち追加

参考文献

1) 安川純代、松尾博哉 産婦の進歩55(1):1-10,2003 https://www.jstage.jst.go.jp/article/sanpunosinpo/55/1/55_1_1/_article/-char/ja/

2) Shuichi HASHIZUME.Stress-reducing Activity of Aroma.Volume 29 Issue 1 Pages 76-81,2011 https://www.jstage.jst.go.jp/article/islis/29/1/29_KJ00007142777/_article

自宅でできるホルモン検査
この記事をシェア