過多月経に効く漢方薬はどれ?症状に合わせた漢方を紹介

この記事の監修者

前田 裕斗

産婦人科専門医

経歴

2013年3月 東京大学医学部医学科卒業
2015年3月 川崎市立川崎病院にて初期臨床研修修了
2015年4月 神戸市立医療センター中央市民病院産婦人科専攻医
2018年4月 国立成育医療研究センター産科フェロー
2018年10月 日本産科婦人科学会産婦人科専門医取得
2021年4月 東京医科歯科大学国際健康推進医学分野博士課程在学

月経のお悩みをお持ちの女性は多いです。月経前症候群(PMS)・生理不順・過多月経・過少月経など、その悩みの内容もさまざまです。

今回は「過多月経」に焦点を当てて、その原因やよく使われる漢方薬についてご紹介します。過多月経の症状も十人十色で、月経の悩みに対して用いられる漢方薬もたくさんあります。それぞれの症状に合う漢方薬についても解説します。

今回お伝えする内容は過多月経についてがメインではありますが、月経に伴う他の症状に対しても有効な内容を盛り込んでいますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること

  • 過多月経とは
  • 過多月経の原因
  • 過多月経で用いられる漢方薬と症状による使い分け

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

友だち追加

過多月経とは

過多月経とは1度の生理期間における出血量が150ml以上であることをいいます。出血量が150ml以上といわれても、あまりピンとこないかもしれません。

生理用ナプキンで対応しきれないほどの経血量であったり、ドロッとした塊の経血がよく見られるような場合が過多月経の可能性があります。また、生理が8日以上続くといった量だけでなく、生理期間が長いといった症状も過多月経の恐れがあります。

通常よりも多くの血液を排出しているため、動悸・息切れ・怠さといった貧血の症状が現れる方も少なくないです。

過多月経の原因

過多月経の原因には、以下のようないくつかの可能性が挙げられます

  • 婦人科系の疾患(子宮筋腫・がん)
  • ホルモン分泌異常
  • 血が止まりにくくなっている(肝機能障害など)

子宮筋腫などの婦人科系疾患によって出血量が増えることがありますが、これらの疾患は不妊の原因にもなるため、注意が必要です。

また、ホルモンの分泌が正常でないことが出血量を増やす原因にもなります。特に体が成熟しきっていない10~20代前半の女性、閉経が近くなる40代以上の女性は経血の量が不安定になる傾向があります。

そのほか、肝機能などの内科系の異常があり、血が止まりにくくなっていることで出血が多くなることもあります。経血は不要になって剥がれた子宮内膜とその際に伴う出血によるものです。そのため、血が止まりにくくなっていると、必要以上に出血を伴ってしまいます。

以下の記事も合わせて読む
過多月経の対策|出血量の目安を今すぐセルフチェック!

過多月経の治療は?

過多月経の治療法には、漢方薬・鉄剤・ホルモン剤(ピル)といったさまざまな薬を使う方法があります

漢方薬は血の巡りや水分の代謝を促すなど、内側からゆっくりと体質を改善してくれる働きがあります。そのため、服用してすぐに効果が見られるわけではなく、効果が実感できるまでにおよそ1ヶ月程度かかります。

もし、急に大量の出血が出て止まらない、今貧血症状が強くふらついてしまう、倒れてしまうという場合は、ホルモン剤(ピル)や鉄剤による治療がより有効な可能性があります。

しかし、ホルモン剤はドラッグストアなどで購入できないため、症状が重い方や漢方薬よりできるだけ早く治したいという方は婦人科を受診しましょう。

過多月経によく利用されるおすすめ漢方

過多月経によく利用され、効果が出る可能性のある漢方薬をご紹介します。過多月経の症状だけでなく、月経に伴って生じるその他の症状(不調)に対する効果も解説するため、ご自身の状態と照らし合わせながら読んでみてください。

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

当帰芍薬散は当帰(トウキ)・芍薬(シャクヤク)などの生薬を6種類配合した漢方薬で、月経などの婦人科系の不調に広く用いられる、メジャーな漢方薬の一つです。

この漢方薬は水分や血の巡りをよくして、体を温める作用があります。そのため子宮に溜まった血液や老廃物をスムーズに排出させることを促し、月経による不調を緩和させます。

過多月経だけでなく、冷え・むくみ・疲労感・貧血など月経前~月経期間中のさまざまな不調を改善する働きがあります。

加味逍遙散(カミショウヨウサン)

加味逍遙散は芍薬(シャクヤク)・牡丹皮(ボタンピ)・茯苓(ブクリョウ)など10種類の生薬が配合されています。

体の気の巡りをよくして、月経や更年期障害、妊娠・出産による体の不調を整えます。加味逍遙散は更年期症状の第一漢方薬と呼ばれるほど、婦人科系における王道の漢方薬です。

過多月経の症状だけでなく、ほてりや肩こり、イライラといった女性ホルモンのバランスのゆらぎからくる諸症状を緩和してくれます。

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

桂枝茯苓丸には名前のとおり、桂皮(ケイヒ)・茯苓(ブクリョウ)・牡丹皮(ボタンピ)などの婦人科系の漢方薬によく配合されている生薬が5種類調合されています。

月経や更年期障害などによる不調の諸症状に効果があり、特に瘀血(おけつ)体質の方向きな漢方薬です。瘀血とは体の栄養素である血(けつ)の流れが悪くなり、滞っている状態を表す漢方学的な呼び方です。

血は栄養だけでなく、分泌されたホルモンや酸素などの運搬・老廃物を排泄する働きもあるため、血の巡りが悪くなると全身にさまざまな不調が現れるといわれています。そのため、瘀血体質から来る過多月経や月経不順などもあるのです。

その他の過多月経に利用される漢方

過多月経によく使われる漢方薬は先にご紹介した3種類ですが、症状によってはその他の漢方薬を用いる場合もあります。ここではさらに過多月経に利用される漢方薬について深掘りして解説していきます。

加味帰脾湯(カミヒキトウ)

加味帰脾湯は人参(ニンジン)・甘草(カンゾウ)・大棗(タイソウ)などの体に栄養を与える生薬を中心に、14種類の生薬が配合された漢方薬です。

加味帰脾湯は栄養を与える生薬が多いことからもわかるとおり、胃腸が弱かったり、疲れやすかったりといった虚弱体質な方に用いることが多いです

後ほどご紹介する帰脾湯という漢方処方に、加味帰脾湯は柴胡と山梔子がプラスされることで、「脾(食物からエネルギーを作り出す働きをする)の働きを高めるだけでなく、漢方医学における「肝(血や気を全身に巡らせたり、情緒を安定させるなどの働きをする)」と「心(血を全身に巡らせたり、精神活動の維持のために働く)」の働きも高めます。

そのため、体力がないことで深く眠れない不眠や疲れによって生じる神経症状や精神不安などにも適している薬になります。

エネルギーを補うだけでなく、直接的に精神を安定させる効果があるのが特徴です。

杞菊地黄丸(コギクジオウガン)

杞菊地黄丸は菊花(キクカ)・地黄(ジオウ)・山薬(サンヤク)など、8種類の生薬が含まれた漢方薬です。

水の代謝を促して体をほどよく冷まして入れる効果があります。そのため、体の熱がこもることによって生じるほてり・のぼせ・めまいの症状やむくみ・排尿障害といった水の排泄に関わる症状にも効果があります

また目の眼球内も水分で満たされているため、かすみ目や疲れ目の改善効果も見込めます。更年期を迎える年齢になると、更年期障害の症状だけでなく、歳を重ねることで生じる目や排尿における不調にも使用できます。

天王補心丸(テンノウホジンガン)

天王補心丸は地黄(ジオウ)・当帰(トウキ)・桔梗(キキョウ)などの生薬が11種類配合されています。

名前のとおり、漢方医学における心を補う効果を持っており、上手く栄養を全身に巡らせることができないことで生じる体力低下や虚弱体質などに有効です。

栄養が行き届かないことによって現れる不眠・不安感・肩こり・動悸といった諸症状に用いられ、更年期の女性に使用されることが多いです。

芎帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ)

芎帰膠艾湯は地黄(ジオウ)・芍薬(シャクヤク)・当帰(トウキ)といった生薬を7種類配合している漢方薬です。

芎帰膠艾湯は体を温めて出血によって失われがちな栄養を補いながら、出血を抑える働きを持ちます。

そのため、体が冷えやすい方や、出血しやすい体質の方に使用します。過多月経・月経不順・不正出血といった婦人科系の症状はもちろん、痔出血や皮下出血といった全身の出血症状にも効果があります。

温経湯(ウンケイトウ)

温経湯は半夏(ハンゲ)・甘草(カンゾウ)・麦門冬(バクモンドウ)など12種類の生薬を配合している漢方薬です。

温経湯は体を温めながら、血虚(けっきょ)における血の不足を補う働きがあります。先にご紹介した瘀血は血の滞りのことを意味しますが、血虚は血が足りない状態を表します。

血虚の方はいくら血の巡りをよくしても、そもそも血として流れる栄養などが不足しているため、それを補わなければ症状は改善しません。また、血が不足すると子宮に十分な栄養が届けられなくなるため、不妊や月経不順などの原因になることがあります。

温経湯は血虚に伴う手足の冷え・肌荒れや乾燥・疲れやすいなどの症状を改善します。また、不妊症の女性の処方として用いられることもあります。

黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)

黄連解毒湯は黄芩(オウゴン)・山梔子(サンシシ)・黄連(オウレン)・黄柏(オウバク)という4種類の生薬が配合された漢方薬です。

黄連解毒湯は体を冷まし、不要なものを排泄してくれる作用があります

そのため、更年期症状によく見られる、ほてり・めまい・動悸などの上半身に熱がこもりやすいことで生じる症状の改善や、月経前に現れる赤みを帯びた(炎症の強い)吹き出物や口内炎などに有効です。

また上半身が熱を持つことで、気持ちがたかぶってしまってイライラしているような精神症状に対しても使用されます。

帰脾湯(キヒトウ)

帰脾湯は名前からもわかるように、加味帰脾湯とよく似た漢方薬です。違うところは帰脾湯には柴胡(サイコ)と山梔子(サンシシ)が含まれておらず、12種類の生薬から構成されている点です。加味という名前のとおり、帰脾湯に生薬が加えられたものが加味帰脾湯であることがわかります。

帰脾湯は名前のとおり、漢方医学における「脾」の働きを高めます。そのため、帰脾湯も加味帰脾湯と同様に虚弱体質の方の栄養補給を主とした効果を示し、それに加えて体力の低下からくる不眠症状・不安・抑うつ症状などにも効果があります

帰脾湯はあくまで栄養を補い、エネルギーを作り出すのを手助けする効果が主となるため、加味帰脾湯のように肝や心に対する作用は低いといえます。

三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)

三黄瀉心湯は黄芩(オウゴン)・黄連(オウレン)・大黄(ダイオウ)の3種類の生薬から構成された、比較的シンプルな漢方薬です。3つの「黄」が入っている生薬から構成されているため、三黄瀉心湯と呼びます。

「瀉」という文字にはもともと排出するという意味があり、その名前のとおり過剰に亢進した「心」の昂りを排出して鎮める役割があります。

そのため、赤ら顔でのぼせ気味、イライラしていたり、高血圧などを伴う方の不調を改善します。体の熱を冷まして、気持ちを落ち着かせるためにピッタリな漢方薬です。

過多月経によく用いられる漢方を手に入れるには

過多月経におすすめな漢方薬を紹介してきましたが、これらの漢方薬の入手方法についてご紹介します。

最近ではドラッグストアなどでも手軽に購入できるようになりましたが、自己判断で選ぶのは不安と考えている方も少なくありません。そこで、,専門家に相談した上で漢方薬を手に入れられる方法を解説します

病院で受診して処方を受ける

病院を受診して、漢方薬を処方してもらう方法です。過多月経の症状から基本的には婦人科を受診するのがおすすめですが、総合的に診てもらえる内科を最初に受診するのも一つの方法です。

以前は漢方薬よりも西洋薬を好む医師が多かったですが、漢方薬の効果が注目されるようになり処方する医師も増えています。

もし希望の漢方薬がある場合は「この漢方を飲んでみたいけれど、自分には合っているか?」といった形で相談してみましょう。

医師監修の問診をLINEで無料で受けられます

「病院に行く時間がない」、「内科ではなく婦人科に行きたいけど近くにない」、など、気軽に病院へ足を運べない方はオンラインでの「オーダーメイド漢方」を利用するという方法もあります。

医師や薬剤師といった医療の専門家が、ご自分の悩みに合わせて漢方薬を処方します。過多月経だけでなく、貧血・生理痛・イライラといった月経特有の症状なども総合的に踏まえて、おすすめの漢方薬を選びます。

価格も手ごろで、LINEから気軽に問診を受けられるため、悩みの相談だけでも不安の解消や対策の助けになります。

▼ LINEで漢方の相談ができる
医師監修の無料問診はこちら

まとめ

今回は通常よりも出血量が多くなる「過多月経」の症状についての原因と、用いられる漢方薬についてご紹介しました。

  • 過多月経に対する漢方薬
  • 当帰芍薬散(よく使われる)
  • 加味逍遙散(よく使われる)
  • 桂枝茯苓丸(よく使われる)
  • 加味帰脾湯
  • 杞菊地黄丸
  • 天王補心丸
  • 芎帰膠艾湯
  • 温経湯
  • 黄連解毒湯
  • 帰脾湯
  • 三黄瀉心湯

これらの漢方は症状によって使い分けが必要なため、この漢方薬を使えば全員に効果がある、というわけではありません。

わからないことや不安なことは医師や薬剤師にぜひ相談してください。また、その際はできる限りどのような症状があるのかを具体的かつ正確に伝えられるとさらによいです。

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

友だち追加
自宅でできるホルモン検査
この記事をシェア