漢方薬「当帰芍薬散」が合わない人は?飲み合わせする際の注意点なども紹介

この記事の監修者

前田 裕斗

産婦人科専門医

経歴

2013年3月 東京大学医学部医学科卒業
2015年3月 川崎市立川崎病院にて初期臨床研修修了
2015年4月 神戸市立医療センター中央市民病院産婦人科専攻医
2018年4月 国立成育医療研究センター産科フェロー
2018年10月 日本産科婦人科学会産婦人科専門医取得
2021年4月 東京医科歯科大学国際健康推進医学分野博士課程在学

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

当帰芍薬散は、女性ホルモンのバランス異常などによる月経不順や更年期障害など、女性に起こるさまざまな不調症状を改善するのに適した漢方薬です。しかし、すべての女性に効果があらわれるとは限りません。 「当帰芍薬散はどんな症状に効くの?」、「当帰芍薬散が合わない人ってどんな人?」、「当帰芍薬散を服用する時の注意点を知りたい」など、当帰芍薬散について詳しく知りたい人に向けて、わかりやすく記事をまとめました。 この記事でわかること
  • 当帰芍薬散とは
  • 当帰芍薬散が合わない人
  • 当帰芍薬散を服用する際の注意点

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)とは?

当帰芍薬散とは、体の冷えが気になる人や月経不順に悩む女性におすすめの漢方薬です。
漢方医学では、「血」や「気」や「水」のバランスが崩れると、病気になったり体に不調があらわれると考えられています。
「血」の不足は、貧血や月経不順をもたらす原因のひとつです。
また、「血」のめぐりが悪くなると、余分な水分が体にたまりやすくなるため、足腰の冷えを引き起こします。

当帰芍薬散は「血」と「水」にはたらきかけ、健康的な体へと導くので、貧血や月経不順、むくみや冷え性の改善はもちろんですが、更年期障害にみられるような頭痛・頭重感、めまいや耳鳴りなどの症状を改善する効果も期待できます。

当帰芍薬散が合わない人

女性の悩みを解決してくれる当帰芍薬散ですが、体が丈夫で色黒の人には合わない場合があります。
反対に、当帰芍薬散が合う人は色白で虚弱タイプの女性です。
「当芍美人(とうしゃくびじん)」という言葉をご存じでしょうか?
肌の色が白く、細くしなやかな体、優しい声でおっとりしている女性に当帰芍薬散がぴったり合うという意味の言葉です。
漢方医学では症状以外にも、姿勢や立ち振る舞い、顔色や皮膚の状態などを観察した上で薬を処方します。

副作用

当帰芍薬散にみられる主な副作用は、消化器症状と皮膚症状です。
消化器症状では、胃部不快感や食欲不振、下痢、吐き気などがみられます。
皮膚症状では、かゆみや発赤、発疹などがみられます。

もともと胃腸が弱い人や薬の影響でかゆみや発赤、発疹の症状が出たことのある人が当帰芍薬散を服用する場合は、特に注意が必要です。
吐き気や食欲不振は薬に慣れてくると落ち着くことがありますが、症状がつらい時や体に異常が見られた時は、迷わず医師や薬剤師に相談しましょう。

飲み合わせする際の注意点

当帰芍薬散と飲み合わせの悪い薬は、特にありません。
しかし、同じ成分の漢方薬や複数の漢方薬を同時に服用する際は注意が必要です。

生薬の過剰摂取により効果が強くなりすぎたり、お互いの作用を打ち消し合うことで期待通りの効果を得られないといったトラブルを引き起こす可能性があります。
自己判断で薬を飲んだり、服薬を中止するのは絶対にやめましょう。
他に服用中の薬がある場合は、相互作用を避けるため医師や薬剤師に伝えてください。

効果が出るまでの期間は?

当帰芍薬散の効果が出るまでの期間は、個人の体質や症状の経過によって異なります。
漢方薬の効果は、1〜2週間であらわれるのが一般的です。
そして、症状を改善するためには一定期間飲み続ける必要があります。


漢方薬の種類によっては、効果が数時間〜数日で速やかにあらわれる頓服(症状が出た時に飲む)のものや、内服を継続して慢性的な症状を改善するケースなどさまざまです。
当帰芍薬散を1か月間内服しても症状が改善されない場合は、医師に相談しましょう。

当帰芍薬散が合わなかった場合の対処法

当帰芍薬散が合わなかった場合、処方してもらった病院や漢方薬局に相談することをおすすめします。
漢方薬は自然の中にある植物などを原料にした薬なので、すべての人に合うイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、自然由来とはいえ薬には変わりありませんので、副作用症状が出ることもあります。
また、体質によっても効果は異なりますので、自分にあった漢方薬を見つけるためにも相談できる場所があると安心です。

以下の記事も合わせて読む
「当帰芍薬散」をもっと詳しく知りたい方はこちら

漢方薬「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」を手に入れるには

当帰芍薬散の効能や副作用、合わない人の特徴についてご説明をしてきました。
当帰芍薬散は女性ホルモンの異常による月経不順の体質改善や更年期障害の症状の治療によく使われる漢方薬です。
では、当帰芍薬散を手に入れるにはどうしたら良いのでしょうか。
病院で処方を受ける方法とネットで注文する方法の2つをご紹介いたします。

病院で受診して処方を受ける

当帰芍薬散は、主に産婦人科や内科で処方してもらえます。
病院を受診し、医師の診察を受け、処方箋を書いてもらいましょう。
医師に書いてもらった処方箋がなければ、薬局で薬を出してもらうことはできません。

医師法では無診療での治療は禁止されています。
病院を受診する時間がなかったり、受診を面倒に思う人もいるかもしれません。
しかし、薬を処方してもらうためには、医師に書いてもらった処方箋が絶対に必要なのです。

ネットで漢方薬を注文するには

病院で処方を受ける以外にも、当帰芍薬散を手に入れる方法はあります。
ネットで漢方薬を注文する方法です。
漢方薬のネット注文は、病院を受診する手間がなく、送られてくる漢方薬を自宅で受け取るだけなので、とても手軽に入手できます。

例えば、canvasでネット注文をする場合、自宅にいながら医師監修の問診(無料)をLINEで受け、悩みに合わせた漢方薬を提案してもらえます。
不安や体調のお悩みは、医師、看護師、薬剤師、栄養士などの医療専門スタッフに相談することも可能です。

▼ LINEで漢方の相談ができる
医師監修の無料問診はこちら

まとめ

当帰芍薬散は、月経不順や更年期障害のさまざまな症状を改善するのに適した漢方薬です。
しかし、すべての人に効果が期待できるとも限りません。
漢方薬は自然由来の薬ではありますが、体質によっては合わない人もいます。
服用中に副作用症状があらわれたり、体の異変を感じた時は、医師や薬剤師に相談してください。
当帰芍薬散を服用する際は、注意点をしっかり確認した上で、用法用量を守り、服用するようにしましょう。

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

自宅でできるホルモン検査
この記事をシェア