妊娠しやすい季節はある?妊娠確率がアップする時期や方法を解説

この記事の監修者

前田 裕斗

産婦人科専門医

経歴

2013年3月 東京大学医学部医学科卒業
2015年3月 川崎市立川崎病院にて初期臨床研修修了
2015年4月 神戸市立医療センター中央市民病院産婦人科専攻医
2018年4月 国立成育医療研究センター産科フェロー
2018年10月 日本産科婦人科学会産婦人科専門医取得
2021年4月 東京医科歯科大学国際健康推進医学分野博士課程在学

自然界では、多くの動物の繁殖期はだいたい決まっており、生存に適した時期に妊娠するようになっています。人間も、妊娠に適した時期、妊娠しやすい季節はあるのでしょうか?厚生労働省の統計によれば、戦前は1月から3月の出産つまり4月から6月に妊娠していた数字が多かったようです。その理由として、春先は気候がよく妊活に適していたのではないかと言われています。ただし現在は季節に適応できる生活習慣となったためか、季節による出生数の違いは特にみられないようですが、実際どうなのでしょうか?

この記事でわかること

  • 妊娠しやすい季節ってあるの?
  • 春や秋が妊娠しやすいって本当?
  • 季節によらず妊娠しやすい身体を目指そう

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

友だち追加

妊娠しやすい季節とは

一般的に春や秋に妊娠しやすいと言われることが多いようですが、裏付けるような確実なデータは今のところなく、妊娠のしやすさと季節は関係ないと考えられています。妊娠のしやすさと季節の関連について、北アメリカとデンマークにおける自然妊娠の研究報告によれば、秋は妊娠しやすく、春は妊娠しにくいという結果も出ていますので、一概に春と秋が妊娠しやすいとは言えないようですが、一般的に春や秋が妊娠しやすいと言われるのは、地域、文化、環境の影響を受けている可能性も考えられます。1)

春や秋が妊娠しやすいと言われる理由

では、春や秋が妊娠しやすいと言われるのはなぜでしょうか?エアコンや冷たい飲み物で内臓が冷えやすい夏、外気温が低く身体全体が冷えやすい冬と違い、春や秋は身体が冷えにくい季節と言われています。そのため、体感に大きく関係する季節が影響しているとも考えられますが、それ以外にも理由があるのでしょうか?詳しく見ていきます。

春が妊娠しやすいと言われる理由

春になり日照時間が長くなり、日光を浴びる時間が長くなると、女性ホルモンの分泌量が増えてきます。また、太陽の光を浴びることで増えるセロトニンというホルモンは、心と身体をリラックスさせ自律神経を整え、冷え性の人は冷えにくくなり、その結果、妊娠しやすくなると言われています。さらに、寒かった冬が終わると、寒さで縮んでいた身体全体が解放され、骨盤が開き、生殖器の働きも活発になるといわれています。

秋が妊娠しやすいと言われる理由

身体の冷え、ストレス、自律神経の乱れは妊娠しにくくなると言われています。暑すぎず、寒すぎないという秋の気温は身体が冷えにくく、自律神経が安定し、さらに気温が安定していると趣味や運動をしやすいためストレスもたまりにくい季節です。また、実りの秋と言われる秋は、旬の食材が多く、栄養価の高いバランスが摂れた食事が取りやすいということも妊娠しやすいことに関係しているといわれています。

総務省統計局のデータの1900年から2000年までの5年ごとの月別出産数を見ると、1975年頃から夏生まれ(7月8月生まれ)が増えているという結果が出ています。夏生まれということは秋の10月11月に授かっているということになります。また10月11月の妊娠は流産率が低いというデータもあります。

ただし、春や秋に妊娠しやすいという確実なデータはないようで、気候のよい春と秋に妊活しやすいということもあるようです。

一年中「妊娠しやすい体」を目指そう!

春と秋は気候がよいため、妊活をしやすい気候ではありますが、春や秋になっていざ妊活を始めてもすぐに妊娠するわけではありません。一年中妊娠しやすい体を目指して普段の生活から妊娠しやすい身体をつくることを意識して生活をしましょう。季節によらずできることは、ストレスにならない程度に毎日行うようにしましょう。例えば、毎朝目覚めたら太陽を浴びる、ストレッチなど軽い運動をする、ビタミンB群を積極的に摂取するなど、簡単にできることから始めましょう。

妊娠しやすい体になるためには

妊娠しやすい身体でいるためには、バランスの良い食生活、適度な運動、十分な睡眠、そしてストレスのない安定した心も大切です。疲労とストレスを溜め込まないように趣味やリラックスできることをしながら妊娠に備えましょう。

健康的な生活習慣を身につけておこう

妊娠しやすい身体になるために、まずは自身のライフスタイルを見直して、健康的な身体づくりを目指しましょう。肥満や低体重は不妊の原因になると言われていますので、適正体重に近づけるために日頃からバランスの良い食事を心がけ、冷えを悪化させやすいコーヒーや辛い食べ物など刺激の強いものを控えるなど、普段の食生活を見直してみましょう。また、軽い運動は血流が改善され、卵巣の血流をよくすることにつながりますので、日頃から身体を動かすようにしましょう。

体を冷やさない対策を

冷え性は多くの女性が持つ悩みの一つですが、むくみ、月経不調、不妊、免疫力低下など様々な不調を引き起こす要因になると言われています。体内の血流の流れが悪くなり、体の隅々までに栄養素が行きにくい状態になり、子宮や卵巣などの生殖器官の機能も低下し、女性ホルモンの分泌量が減ったり、ホルモンバランスが乱れることで妊娠しにくくなると言われています。身体を冷やさないために、熱すぎない程度のお湯をはり、子宮や卵巣のある骨盤付近を温める半身浴をしたり、夏場でも靴下を履く、温かいお茶を飲むなどして常に身体が冷えないような対策をするとよいでしょう。

サプリメントなどで体内環境を整えよう

活中に積極的に摂取したい栄養素として覚えておきたいのは、鉄、カルシウム、亜鉛、ビタミンB群、葉酸、ビタミンD。食事で摂取するのが望ましいですが、効率よくサプリで摂るのも一つの方法です。サプリはあくまで健康補助食品ですので、飲んですぐに変化が見られるわけではありません。一定期間飲み続けることが必要になりますので、飲みやすさや匂い、味などストレスなく続けやすいものを見つけましょう。

毎月の妊娠しやすい日(排卵日)を狙うのもおすすめ

妊娠しやすいタイミングとして妊娠の確率が高くなるのは、排卵の1~2日前と言われています。また、排卵4日前から排卵日前日の間に1~2日おきに性行為をすると、妊娠の確率が高くなるといわれています。妊娠しやすい体づくりを目指すと同時に、妊娠しやすい日を基礎体温やおりものの変化などで把握しておくことが大切です。

以下の記事を合わせて読む
妊活の基本!排卵日を予測するタイミング法とは?

まとめ

春や秋が妊娠しやすい季節だと一般的には言われていますが、特にこれを裏付けるデータはないようです。季節によらず妊娠しやすい身体でいるために、規則正しくバランスのとれた食事を心がける、冷え症にならないような生活習慣を意識する、軽い運動をするなど、いつでも妊娠できる身体でいることを目指しましょう。

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

友だち追加

参考文献

1)Wesselink, A. K., et al. (2020). “Seasonal patterns in fecundability in North America and Denmark: a preconception cohort study.” Hum Reprod. https://academic.oup.com/humrep/article/35/3/565/5717667

自宅でできるホルモン検査
この記事をシェア