【年代別】自然妊娠確率は何%?妊娠確率の高い日や確率を上げる方法も紹介

この記事の監修者

前田 裕斗

前田 裕斗

産婦人科専門医

経歴

2013年3月 東京大学医学部医学科卒業
2015年3月 川崎市立川崎病院にて初期臨床研修修了
2015年4月 神戸市立医療センター中央市民病院産婦人科専攻医
2018年4月 国立成育医療研究センター産科フェロー
2018年10月 日本産科婦人科学会産婦人科専門医取得
2021年4月 東京医科歯科大学国際健康推進医学分野博士課程在学

妊娠を望んでいてもなかなか妊娠できず、不妊に悩んでいる夫婦はたくさんいます。妊活をしている人の中には「私の年代での妊娠確率はどのくらい?」「妊娠確率が高い日っていつ?」と疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、なかなか妊娠できないと悩んでいる方に向けて、年代別の妊娠確率や妊娠確率を上げる方法を紹介します。妊娠を望んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること

  • 妊娠確率とは
  • 年代別の自然妊娠確率について
  • 妊娠確率を上げる方法について

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

友だち追加

妊娠確率とは

妊娠確率とは、妊娠する確率のことを指します。健康的な男女がタイミングを合わせて性交渉を行ったときの自然妊娠確率は、20~30%と言われています。つまり、月経周期4~5回で1回妊娠するくらいの確率です。

妊娠確率は年齢と共に下がっていき、さらに健康状態や生殖能力に問題があったり、性交渉のタイミングが合ってなかったりすると、より確率は低くなってしまいます。

年代別の自然妊娠確率は、この次の章で具体的に紹介するので参考にしてみてください。

【年代別】自然妊娠確率を公開

自然妊娠する確率を年代別にまとめてみました。「私の年代での妊娠確率は何%?」と疑問に思っている女性は、ぜひ参考にしてみましょう。

年代 健康な男女が1年間避妊をしないで
性交渉をしたときの妊娠確率
20代前半 86%
20代後半 78%
30代前半 63%
30代後半 52%
40代前半 36%
40代後半以上 5%

見て分かる通り、年齢が高くなるにつれて自然妊娠する確率は下がっていき、特に40歳を超えるとガクッと妊娠できる可能性が低くなります。40代で妊娠を希望する場合は、自然妊娠にこだわらずに不妊治療も検討した方が妊娠できる確率が高くなるでしょう。

年齢が上がるにつれて妊娠がしづらくなる理由

年齢を重ねると妊娠しづらくなる理由のひとつが、卵子の老化です。妊娠しづらくなるだけではなく、年齢が上がるにつれて流産率も上昇していきますが、これも卵子の老化が原因と考えられています。

そのほか、加齢による婦人科系疾患の発症率の上昇も、妊娠しづらくなる原因のひとつです。子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科系疾患は不妊の原因となる可能性があります。婦人科系疾患を発症し放置すると卵子の着床や成長を阻害し不妊に繋がる可能性があるので、婦人科健診のタイミングで定期的に子宮や卵巣の状態をみてもらうことをおすすめします。

自然妊娠の確率を上げる方法

自然妊娠の確率を上げる方法はいくつかあります。例えば妊娠確率の高いタイミングに合わせて性交渉を行う方法や、食生活・生活習慣を改善する方法などです。自然妊娠の確率を上げる方法を詳しく解説するので、なかなか妊娠できないと悩んでいる方は参考にしてみてください。

妊娠確率の高い日はいつ?

妊娠確率が高いのは排卵日の1〜2日前と言われています。そのため、排卵日の4日前〜前日にかけて、1〜2日おきに性交渉を行うと妊娠する可能性が高くなるとされています。

排卵日は計算によって予測可能です。毎日基礎体温を測定し、体温の変化から排卵日を予測します。基礎体温は低温期と高温期に分かれていて、低温期から高温期に移行すると排卵が起こります。

「妊娠確率高い日っていつなの?」と思っている方は、まずは基礎体温をつけて排卵日を予測しましょう。基礎体温を用いた計算方法以外にも、オギノ式や排卵日予測検査薬を用いて排卵日を予測できます。

妊娠確率を上げる方法はある?

先程も述べたように、妊娠確率を上げるために排卵の4日前~前日にかけて1~2日おきに性交渉を行うことをおすすめします。これは子宮内に入った精子の寿命が72時間、そのうち受精可能な状態でいられるのが48時間と言われているためです。

妊娠確率を少しでも上げるために、行為後は腰の下に枕を入れて骨盤を高くし、しばらく安静にしているのがよいといわれていますが、医学的根拠はありません。また、精液が外に流れ出るのを防ぐためにも、行為後すぐのお風呂・シャワーは避けると良いともいわれていますが、こちらも医学的に証明されたものではありません。
そのため、妊娠確率を上げるには性交渉のタイミングを排卵日近くに合わせること、そして性交渉の回数を上げることが有効でしょう。

体を温めて温活しよう

妊活に冷えは大敵です。特に下半身を冷やさないよう、体を温めて温活をしましょう。半身浴やお灸、ツボ押しなど温活の方法はいくつかあるのでぜひ試してみてください。

ちなみに冷えに効くツボは足首付近にある三陰交(さんいんこう)です。くるぶしから指4本分くらい上にあるツボで、1回3~5秒を目安に3~5回、少し痛みを感じる程度に押しましょう。

体が冷えると、全身の血流が悪くなります。卵巣の血流が悪いと卵子がうまく育たず、受精しにくくなる可能性があります。また、子宮の血流が悪いと受精卵を受け入れる準備もうまくできないため、せっかく受精しても着床しづらくなってしまうでしょう。

食生活や生活習慣を改善しよう

妊娠確率を上げるためには、食生活や生活習慣の改善も重要です。食生活や生活習慣が乱れると、ホルモンバランスが崩れる原因となり、妊娠確率が下がってしまいます。栄養バランスを考えた食事をする、早寝早起きを心がける、適度に運動をするなど規則正しい生活を送るよう意識しましょう。

食生活や生活習慣の改善は女性だけではなく、男性にとっても大切なポイントです。暴飲暴食や睡眠不足は精子の質を低下させます。妊娠確率を上げるためには、男性と一緒に規則正しい生活を送るよう心がけてみましょう。

以下の記事を合わせて読む
妊娠しやすい体になるための方法

悩んだら産婦人科で妊活に関する相談をしてみよう

妊活をしていてもなかなか妊娠できないと悩んだときには、産婦人科で相談してみてください。産婦人科に相談することで正確な排卵日を把握でき、また不妊治療を行い妊娠確率の上昇も見込めます

不妊治療を受けている方が体外受精を行ったときの妊娠確率はこちらです。

  • 30歳:19.9%
  • 35歳:16.3%
  • 40歳:7.7%
  • 45歳:0.6%

一般的には夫婦生活があっても1年間で妊娠できなかった場合は「不妊」にあたるとされています。1年経たなくても、妊活に悩んだり少しでも気になることがある方は、産婦人科へ相談してアドバイスをもらうとよいでしょう。

まとめ

健康的な男女が自然妊娠する確率は20~30%です。それほど高くはない確率ですが、健康状態が悪かったり性交渉のタイミングが合わなかったりすると、さらに妊娠確率は下がってしまいます。また、年齢を重ねるにつれて妊娠確率は徐々に下がっていき、一方で流産をする確率は上昇します。

排卵のタイミングで性交渉を行ったり温活を行ったりすることで、少しでも妊娠確率を上げることが可能です。食生活や生活習慣の乱れも妊娠できるかどうかに関係してくるので、普段の生活から意識してみましょう。

もし妊活をしていて悩みがある方は、一人で悩まずに早めに産婦人科に相談することをおすすめします

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

友だち追加
自宅でできるホルモン検査
この記事をシェア