10月24日まで期間限定 クーポンコード canvasm1018 で検査キット全品20%OFF

妊娠出来るか知りたい!不妊検査の費用や内容を紹介!独身や夫婦でも可能?

この記事の監修者

前田 裕斗

産婦人科専門医

経歴

2013年3月 東京大学医学部医学科卒業
2015年3月 川崎市立川崎病院にて初期臨床研修修了
2015年4月 神戸市立医療センター中央市民病院産婦人科専攻医
2018年4月 国立成育医療研究センター産科フェロー
2018年10月 日本産科婦人科学会産婦人科専門医取得
2021年4月 東京医科歯科大学国際健康推進医学分野博士課程在学

妊娠を希望しているのになかなか妊娠しない場合、やみくもにトライして待つのではなく、なぜ妊娠しないのか、不妊の原因を特定することが大切です。原因を特定するにはいくつかの検査があり、入院や手術などすることなく、比較的簡単に検査が可能です。

また、一部を除く不妊治療、そのための検査は保険が適用されるため、莫大な費用と時間がかかるというわけではありません。最近では不妊専門のクリニックも多くあり、無料のオンラインでの勉強会なども盛んですので、その後の治療のことも考慮しご自身に合った医療機関を選びましょう。

この記事でわかること

  • 不妊検査とは何?
  • 女性、男性、それぞれどのような検査がある?
  • 不妊検査にかかる費用はどのくらい?保険は適用される?
  • 不妊検査はどこに行けばいいの?病院?クリニック?

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

友だち追加

不妊検査とは

不妊検査とは、不妊の原因となっている因子の有無を確認する検査です。不妊の原因は多岐に渡りますが、主な原因として男性因子、卵巣因子(排卵障害)、卵管因子が挙げられます。

妊娠を希望しているが1年以上妊娠しない場合や、30代以降の女性で妊娠を強く希望している場合、また、妊娠を今すぐは希望はしていないが将来的に子供が欲しいと考えており、妊娠できるかどうかを確認したい場合は不妊検査をお勧めします。

不妊検査で検査する内容(女性側)

女性の後ろ姿

妊娠を妨げている要因がないかどうかを調べます。女性側の不妊検査の種類には、基礎体温チェック、内診・経腟超音波検査、子宮卵管造影検査、血液検査、腹腔鏡検査、MRI検査などがあります。

基礎体温のチェック

朝の目覚め後、起き上がる前にベッドの中で婦人体温計を舌の下に挟んで測った体温を基礎体温といいます。毎日の体温を表にしてグラフにすると、排卵がきちんと起きているか、またおおまかな排卵日もわかります。

基礎体温をグラフにすると綺麗にニ相に分かれていて、排卵日を境に低温期から高温期に移行する様子がわかります。通常、低温期と高温期の温度差が0.3-0.5度であり、低温期から高温期への移行が1-2日、高温期が14日継続していれば排卵が正常に行われていると言えます。

内診・経腟超音波検査

超音波検査は、卵巣や子宮の中の様子をモニターに映して確認する検査です。

卵巣の中での卵胞の発育状態や卵巣腫瘍の有無を確認できます。卵胞の大きさでだいたいの排卵日を予測することもできます。

内診によって子宮のおおまかな形状や大きさを知ることができますが、超音波検査では子宮筋腫や子宮内膜ポリープの有無、子宮内膜の状況なども確認できます。

子宮卵管造影検査

子宮卵管造影法では、子宮に、専用の細いやわらかいチューブ(カテーテル)を使って造影剤を注入し、子宮の形状や卵管の太さ、癒着の有無などをX線で撮影して調べます。検査自体は5分~10分で終了します。

この検査は月経終了後から排卵日までの期間に行います。この検査で卵管の通りがスムーズになり自然妊娠する場合も少なくありません。女性不妊症のうち3割が卵管因子と言われているため、この検査で卵管疎通性を検査することは不妊検査の基本とされています。

血液検査

血液検査では、ホルモン検査と糖尿病のような全身性疾患の有無の検査を行います。ホルモン検査では、脳下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体化ホルモン(LH)、プロラクチン(PRL)、エストロゲン(E2)等の妊娠に関わるホルモン分泌の量を測定します。

また、排卵を障害すると考えられているプロラクチン、甲状腺ホルモンなども含まれます。女性ホルモンは月経周期によっても変化するため、月経期・黄体期などに分けて検査します。

腹腔鏡検査・子宮鏡検査

おへそから細いカメラを入れて腹腔内を観察する検査が腹腔鏡検査、子宮に直接カメラを入れて子宮の中の状態を観察するのが子宮鏡検査です。腹腔内や子宮内の状態や卵管の入り口の状態を観察できます。超音波検査や子宮卵管造営検査で子宮内腔の病気が疑われる場合などにこの検査が用いられます。

また、超音波検査や卵管造影検査などではわからないような異常が子宮鏡検査で見つかるケースもあるため、着床しているにもかかわらず流産を繰り返す場合などに子宮鏡検査を勧められることがあります。子宮鏡検査は一般的に月経直後に行われます。

MRI検査

MRI検査では、強力な磁気の力を使って体の内部を詳細に画像化して検査します。子宮筋腫、卵巣嚢腫などの腫瘍がある場合に主に利用されます。X線を使用しないため被爆の心配がありません。

ただし、心臓ペースメーカー、金属製の心臓人工弁、人工内耳、金属製の歯などがある場合は利用できません。

不妊検査で検査する内容(男性側)

男性

不妊は女性だけの問題ではありません。男性側に問題がある場合もあるため、不妊検査を始める場合は男性側も検査することをお勧めします。男性の不妊検査では、初診時に問診と診察、採血、尿検査を行い、不妊検査として精液検査、泌尿器科的検査が一般的に用いられます。

精液検査

精液検査では、精液量、精子の濃度、運動率、運動の質、精子の形、感染症の有無などについて調べます。

精液は2日から5日間の射精しない期間、いわゆる「禁欲期間」の後に採精し、検査容器に入れて検査機関に提出します。長時間経ってしまうと精液の正確な状態が判断できないため、できれば病院で取るのが望ましいです。自宅で採取する場合は採精後2時間以内に検査をすることが望ましいとされています。

泌尿器科的検査

泌尿器科的検査には、診察、ホルモン検査(血液検査)、超音波検査、それ以外の特殊な検査が含まれます。診察では不妊に関する病気、手術歴、性生活の状況の確認、さらには精巣の大きさや形状、精索静脈瘤の有無を触診で確認します。

採血では、男性ホルモン(テストステロン)や性腺刺激ホルモン(LH、FSH)などのホルモン分泌量について検査します。超音波検査では、陰嚢にエコープローブを当てて陰嚢・精索・精巣を観察します。それ以外にMRI等の特殊な検査もあります。

不妊検査にかかる費用と病院・クリニック

2022年4月から体外受精、顕微授精を含む不妊治療にかかる費用が保険適用となりました。ただし、様々な条件やルールがあるので注意が必要です。

男性の不妊検査について、基本的には保険適用で精液検査は1000円程度のところが多いようです。以前は精液検査だけを行う場合は保険適用で、夫婦で不妊治療を行うための不妊検査の一貫として受ける場合は保険適用外としていた医療機関も多いようですが、2022年4月以降は変更している場合が多いので事前に確認をしておきましょう。

女性の不妊検査費用について、採血検査(ホルモン検査)、感染症検査、超音波検査、子宮卵管造影検査は以前から保険適用範囲ですので3割自己負担となり、平均1000-5000円程度となります。
2022年4月以降、AMH検査(卵巣内の卵胞数の検査)も保険適用となりましたが、卵巣刺激法における投与量の判断のために行う場合に限り保険適応となっており、どのくらい卵胞があるのかという卵巣予備能を調べたい場合は従来通り自費となっています。
また、医療機関によってはAMHは全て保険適用外となっている場合もありますのでご注意ください。

不妊検査で助成金が出る地域もある

令和4年4月から、人工授精等の「一般不妊治療」、体外受精・顕微授精が保険適用されることとなりました。

そのため2021年1月から移行措置として行われていた政府の不妊治療助成金制度(43歳未満を対象に、不妊治療1回につき30万円が助成されるもの)は2022年3月にて終了となります。ただし、保険適用開始以前に開始した治療の取り扱いは助成が継続されることが多いため事前に確認しておきましょう。

また、自治体独自で行われていた助成金制度も引き続き利用できる自治体も多く、例えば東京都においては、保険医療機関にて行った不妊検査及び一般不妊治療に要した費用について、一定の条件を満たす場合は5万円上限の助成制度があります(ただし、体外受精及び顕微授精は助成対象外)。自治体によって助成の内容は異なりますので、お住まいの自治体にご確認ください。

検査できる病院・クリニック

不妊検査をしたいけど、どこに行ったらいいかわからないという方も多いと思います。不妊検査を行っている医療機関には、不妊専門のクリニック、生殖医療センター、一般病院の婦人科、産婦人科など様々です。

ほとんどの総合病院の婦人科は不妊検査を行っていますが、検査後に不妊治療を開始する場合、人工授精は行っておらずタイミング治療や人工授精までしか行っていない病院も多いです。

また、婦人科や産婦人科の場合、男性不妊検査ができないところもあります。一方、不妊専門クリニックや生殖医療センターのような不妊専門のクリニックの場合、不妊治療が専門のため、検査以降の治療も引き続き行えるのが長所です。

体外受精を行っている機関がほとんどで、逆にタイミング治療や人工授精は行っていないクリニックもあります。不妊専門クリニックは検査の種類も多く、選択肢も多いのが特徴です。

不妊専門クリニックでは無料の「オンライン勉強会」を行っているクリニックも多くありますので、参加してみてクリニックの雰囲気や先生のお話を聞いてみるのもよいかもしれません。

健康的な体でいるためにできること

妊娠しやすい体をつくるためには、バランスの良い食事を心がけ、適度な運動、十分な睡眠と休養、そしてストレスのない安定した心が大切です。

女性においては、月経周期を把握するために基礎体温を管理し、定期的な月経サイクルがあることを確認することも大切です。無理なダイエットや疲労は無月経や月経不順を招きますので避けるようにしましょう。また、 血行が悪いと卵巣機能が低下してしまいますので冷え性の方は改善を心がけましょう。

男性においてもストレスや過度の疲労、過度のアルコール摂取などは男性ホルモンに影響することがありますので規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

以下の記事も合わせて読む
妊娠しやすい体になるための方法

まとめ

妊活を始めてから数年、なかなか妊娠しないからとやっと受診してみたら婦人科系の病気が見つかったり、いつか妊娠するだろうと思い気付いたら妊娠の確率が減ってしまう年齢になってしまったという方も少なくありません。

保険適用となる検査や治療が増え、以前よりも不妊治療を前向きに考えることができるようになったので、なかなか妊娠しないなと考えているご夫婦は、二人で揃って不妊検査から始めてみましょう。

費用や保険適用などは医療機関によって異なりますので事前に確認しておきましょう。

妊娠と出産は女性にとって、そして夫婦にとっても大切なライフイベントの一つです。ご夫婦にあった医療機関を選び、まずは不妊の原因を知ることから始めて、二人でゆっくりと確実に進めていきましょう。

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

友だち追加
自宅でできるホルモン検査
この記事をシェア