PMSで病院に行くタイミングとは|受診前の注意点についても紹介

この記事の監修者

前田 裕斗

前田 裕斗

産婦人科専門医

経歴

2013年3月 東京大学医学部医学科卒業
2015年3月 川崎市立川崎病院にて初期臨床研修修了
2015年4月 神戸市立医療センター中央市民病院産婦人科専攻医
2018年4月 国立成育医療研究センター産科フェロー
2018年10月 日本産科婦人科学会産婦人科専門医取得
2021年4月 東京医科歯科大学国際健康推進医学分野博士課程在学

月経前になるとイライラしたり食欲が抑えられない…なのに月経が始まるとピタッと治る。こんな経験はありませんか?こうした症状が毎月決まってくる場合、PMS(月経前症候群)かもしれません。月経前のイライラや食欲増進などPMSで出る症状は女性の多くが経験するものですが、個人差が大きいため周囲の理解が得られずにひとりで悩んでしまう人も多いのです。

特にPMSのうちイライラや抑うつなどの精神症状がひどい場合は、日常生活や対人関係に支障をきたすこともあり、早めに医療機関を受診する必要があります。

この記事でわかること

  • PMSで病院を受診する場合は、いつ、何科に行くべきか
  • 受診前にやっておくこと
  • 検査方法や治療方法について

PMS(月経前症候群)の症状

PMSとはPremenstrual Syndromeの略で、「月経前症候群」のことを言います。PMSは、月経前 3〜10日間に発症する様々な精神的あるいは身体的症状で、月経発来とともに減弱あるいは消失するもの、と定義されています。

具体的なPMSの身体的症状には乳房の張り・むくみ・頭痛などが、精神的症状には抑うつ・イライラ・不安感などが挙げられます。ただ個人差が大きく、200種類もの症状があると言われています。

また、PMS以外にPMDDという言葉を耳にしたことはありますか?これは、月経前気分不快障害と言われているもので、PMSの中でも特に精神症状が強い場合を指します。

PMDDでは、日常生活や対人関係に影響を及ぼす可能性があり、治療が必要になることがあります。

PMS(月経前症候群)でお悩みの方は病院へ

PMSの不調は、月経の度に毎月起こり得る不調です。毎月悩み、我慢していることが辛いと感じた時には、一度病院を受診することをおすすめします。

何科を受診すればいいのか、その答えは婦人科です。

産婦人科、レディースクリニックでももちろん婦人科診療を受けられますので、いずれかを受診してください。

もし、症状が深刻で日常生活に支障が出ている場合、仕事や学校を休まざるを得ないほど辛い場合は、なるべく早く医療機関を受診し、ひとりで抱え込まないようにしましょう。

病院に行くタイミング

病院を受診するタイミングで悩む人もいるでしょう。基本的には症状が辛い時に、いつでも受診して大丈夫です。月経中だと躊躇してしまいがちですが、月経が来て症状がどう変わったかを確認できるので、問題ありません。辛いと感じたそのタイミングで受診してください。

お医者さんへの伝え方・受診前の注意点

いざ病院に行くと緊張してうまく伝えられなかった、という経験はないでしょうか。きちんと的確に症状を伝えるために、事前に体調変化や辛い症状をメモしておくと良いでしょう。

他にも、最終月経開始日や月経期間、月経周期などはすぐ答えられるとスムーズに診察が進められます。

また内診することもあります。ゆったりとしたスカートやワンピースを着て行くと、着替えがしやすく、着たまま内診台に上がれるのでおすすめです。

PMS(月経前症候群)の検査内容

PMSで受診した場合にどのような検査が行われるか確認しておきましょう。問診、血液検査、尿検査、内診もしくは超音波検査などが一般的に行われる検査です。その他、血圧や体重変化、脈拍数、甲状腺検査などから婦人科領域以外の病気の可能性を取り除きます。

血液検査や尿検査は、ホルモンの状態や貧血、排卵の有無、肝機能など全身の状態が把握できるのでとても重要な検査と言えます。

さらに内診では、子宮の大きさや圧痛、腫瘤の有無などを確認し、子宮内膜症や子宮筋腫がないか診察していきます。

このような様々な検査は、他の病気が隠れていないか、辛い症状の原因がPMSによるものなのか判別していくためにとても重要なものです。

PMS(月経前症候群)の治療方法

最後にPMSの治療方法についてお伝えします。PMSと診断された場合には、非薬物治療と薬物治療の2種類の治療方法があります。

症状が軽い場合は、生活改善などの非薬物治療が中心となります。規則正しい食生活や運動、ストレスを減らすことなどで症状の変化をみていきます。食事では、炭水化物やタンパク質を意識して摂ること、精製糖や塩分、カフェインを控えることが推奨されています。

生活改善で症状が改善されない場合やPMSの症状がひどい場合、PMDD(月経前気分不快障害)と診察された場合などは症状に応じた薬物治療が選択されます。

PMDDの治療方法で確率されているのは、うつ病の治療に用いられるセロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)とホルモン剤による治療です。

症状が下腹部痛や頭痛などの身体症状が強い場合に解熱鎮痛剤、血液循環を改善させるために漢方薬など、様々な薬でPMSの治療を進めていきます。

まとめ

PMSは、月経がある女性の多くが感じている不調であり、毎月繰り返し悩まされるものです。PMS自体は生死に関わる病気ではないため、「仕方のないこと」と諦めている人も多くいます。

しかし、PMSだと思っていた症状が、実は他の病気が原因だったということもあり得ます。辛い症状が出ている場合はひとりで悩んだりせず、早めに婦人科などを受診してください。

またPMSが辛い時期はある程度予測ができるので、その時期はストレスを溜めない、睡眠時間を確保するなどのマネジメントも重要です。

参考文献

1)日本産婦人科学会:「産婦人科診療ガイドライン婦人科外来編2020」
https://www.jsog.or.jp/activity/pdf/gl_fujinka_2020.pdf

2)白土なほ子:「 PMS,PMDDの診断と治療-他科疾患との鑑別- 」77:360-366, 2017
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jshowaunivsoc/77/4/77_360/_pdf/-char/ja

3)大坪天平:「精神科からみたPMS/PMDDの病態と治療」女性心身医学 J Jp Soc Psychosom Obstet Gynecol 22-3,258-265,2018
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspog/22/3/22_258/_pdf

自宅でできるホルモン検査
この記事をシェア