PMSにハーブティーは効果的?おすすめの種類を紹介

この記事の監修者

前田 裕斗

前田 裕斗

産婦人科専門医

経歴

2013年3月 東京大学医学部医学科卒業
2015年3月 川崎市立川崎病院にて初期臨床研修修了
2015年4月 神戸市立医療センター中央市民病院産婦人科専攻医
2018年4月 国立成育医療研究センター産科フェロー
2018年10月 日本産科婦人科学会産婦人科専門医取得
2021年4月 東京医科歯科大学国際健康推進医学分野博士課程在学

「ハーブティーはPMS症状に効果的?」
「どうしてPMS症状があるときにハーブティーを飲むといいの?」
「PMS症状の改善に効果的なおすすめのハーブティーは?」

あなたはこのような疑問を抱えていないでしょうか?

この記事では、ハーブティーがPMS症状に与える影響や、PMS対策におすすめのハーブティーなどについて詳しく解説します。読み進めることで、以下の知識を得られます。

  • ハーブティーがPMS症状に与える影響
  • PMSにおすすめのハーブティー
  • ハーブティーを飲む際の注意点

PMS症状に対するハーブティーの効果が気になっている方は、ぜひご一読ください。

ハーブティーはPMSに効果を及ぼす?

紅茶の画像

ハーブの中にはレモンバームやチェストベリー、カモミールなど、PMS症状の緩和が期待できるものがあります。
ハーブティーにはリラックス効果に加えて睡眠改善作用がみられるものもあり、不安やイライラ、眠りにくさなどのPMS症状の改善に役立つと考えられています。

PMSの治療法にはホルモン療法や漢方薬などがありますが、ハーブティーを飲むといった日常に取り入れられる工夫でPMS症状が楽になるのは魅力的ですね。

ハーブティーはこんな時におすすめ

ハーブティーには、リラックス効果があるといわれています。また、ハーブティーは副交感神経の働きを促すことで寝つきをよくする働きも期待されています。

ハーブティーは紅茶と違って基本的にカフェインを含まないので、寝る前に飲んでリラックスすることもおすすめです。ハーブティーにはリラックス効果があるので、PMS症状でイライラしたり気分が落ち込んだりしている時に飲んでみてはいかがでしょうか。きっとリフレッシュできるはずですよ。

PMS対策におすすめのハーブティーの種類を紹介

「PMS症状の緩和には、ハーブティーが役立つことはわかったけど、どのハーブティーを選べばいいの?」という方へ、PMS対策におすすめの以下のハーブティーについて紹介していきます。

  • レモンバーム
  • チェストベリー
  • カモミール

それでは、それぞれのハーブティーについて詳しく見ていきましょう。

レモンバーム

レモンバームはシソ科の植物で、レモンのようなさわやかな香りが特徴です。
ある論文によると、レモンバームは鎮静作用や不安を緩和する働きがあるといわれています。
PMS特有のイライラや不安、日常のストレスを感じた際に試してみてはいかがでしょうか。

チェストベリー

チェストベリーの木はチェストツリーとも呼ばれ、地中海地方やアジアに自生する低木です。チェストベリーのハーブティーは少し苦味があり、辛味のあるレモンの香りがします。
飲みにくい場合は、ハチミツなどを入れて甘さをプラスすることもおすすめですよ。ショウガやコショウなどのスパイシーな風味が好きな方におすすめです。 

カモミール

カモミールは小さい白い花をつけるキク科のハーブです。リンゴに似た甘い香りとマイルドな味で、ハーブの中でも抜群の知名度を誇ります。
カモミールは不安を緩和する効果があるため、PMSによる不安感を軽減してくれます。
月経前で不安を感じる時は、カモミールティーを飲んでみましょう。

ハーブティーの注意点

PMS症状の緩和にはハーブティーがおすすめですが、注意しなければならないこともあります。 本項では、ハーブティーを飲む際の注意点を2つご紹介します。

  • 副作用がある可能性がある
  • 薬との飲み合わせにも注意が必要

それでは、それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

副作用がある可能性がある

基本的に、お茶として飲むような少量のハーブでは副作用の心配はありません。しかし、過剰摂取すると副作用が出る場合があります。例えば、上記で紹介したハーブティーの副作用は以下の通りです。

  • レモンバーム:アレルギー反応や不整脈が起こることがある
  • チェストベリー:副作用の多くは軽度で、気持ち悪さや頭痛、胃腸障害やかゆみなどがみられることがある
  • カモミール:気持ち悪さや、めまい、アレルギー反応などがみられることがある

ハーブティーはお茶として使用するような少ない量では問題ありませんが、まれに副作用がでることを認識しておきましょう。

薬との飲み合わせにも注意が必要

スーパーなどで市販で売られているハーブティーですが、服用中の薬との飲み合わせが悪いことがあります。たとえば、セントジョーンズワートは抗うつ剤や経口避妊薬、免疫機能を抑える薬などの多くの薬の作用を弱めることがあるため、注意が必要です。
薬を服用中の方は、ハーブを摂取する前に医師や薬剤師に飲み合わせについて相談しておきましょう。

まとめ

ハーブティーでPMS症状の緩和ができたら嬉しいですよね。
今回は以下の内容について解説しました。

  • ハーブティーはPMS症状の不安の緩和に効果的
  • PMSににおすすめのハーブティーは「レモンバーム」「チェストベリー」「カモミール」
  • ハーブティーを飲む際は副作用や薬との飲み合わせに注意

PMSによる不安や眠りにくさを感じた場合は、日々の生活にハーブティーを取り入れてリラックスしてみてはいかがでしょうか?

参考文献

1)Kazuo UEBABA,Masuo NAKAI,Fenghao XU,Hongbing WANG,Satoshi OHNO,Hirotaka HAYASHI,Takanari ARAI,Nobutaka SUZUKI 2007 Oct QOL Improving Effects of Herbal Teas
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcam/4/3/4_3_119/_pdf/-char/ja

 2)Jun Marzieh Akbarzadeh,1,* Mansoore Dehghani,2 Zeinab Moshfeghy,3 Masoumeh Emamghoreishi,4 Pouran Tavakoli,5 and Najaf Zare6 2015 Effect of Melissa officinalis Capsule on the Intensity of Premenstrual Syndrome Symptoms in High School Girl Students . Discussion 4
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4557408/

3)Zahra Bostani Khalesi1 , Soheila Pirdadeh Beiranvand3, Mahshid Bokaie2 2019 Efficacy of Chamomile in the Treatment of Premenstrual Syndrome: A Systematic Review Discussion 206 discussion and conclusions 123
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6970572/#!po=8.33333

自宅でできるホルモン検査
この記事をシェア