10月24日まで期間限定 クーポンコード canvasm1018 で検査キット全品20%OFF

20代になってPMSがひどくなる?年齢別にPMSの症状も紹介

この記事の監修者

前田 裕斗

産婦人科専門医

経歴

2013年3月 東京大学医学部医学科卒業
2015年3月 川崎市立川崎病院にて初期臨床研修修了
2015年4月 神戸市立医療センター中央市民病院産婦人科専攻医
2018年4月 国立成育医療研究センター産科フェロー
2018年10月 日本産科婦人科学会産婦人科専門医取得
2021年4月 東京医科歯科大学国際健康推進医学分野博士課程在学

「月経前にイライラするようになった」、「生理の3日前になるとニキビができる」「生理前になると頭痛が始まる」こんな症状10代の頃はなかったのに、何かの病気かな?と思う方もいるかもしれません。

実はPMSの症状は年齢が上がるにつれて変化するのです。20代の性成熟期になると月経周期も安定し生理痛も軽減してくると同時に、女性ホルモンが変動にさらされているということでもあるのでPMSが発生しやすくなるのです。

そこでこの記事では年齢とともに変化するホルモンバランスとPMSの症状について解説していきます。

この記事でわかること

  • どうして20代になるとPMSがひどくなるの?
  • 年代別にPMS症状はどう変わるの?
  • 出産するとPMS症状が変わるって本当?

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

友だち追加

年齢によってPMSの症状に変化がある

波の画像

女性の身体の変化に影響する女性ホルモンは、初潮を迎える10代に急激に増加し、20代でピークを迎え妊娠や出産に適した「性成熟期」となります。その後50歳前後で迎える閉経まで緩やかに減少します。

PMSが起りやすいのは「性成熟期」で、月経周期をつくる女性ホルモン分泌の変動が大きく影響していると言われています。PMSが20代でひどくなったとよく聞くのも、性成熟期に入って女性ホルモンが正常に変動している証拠なのです。

〜20代

10代で初経を迎え不安定だった月経周期が20代を過ぎる頃に安定してくると、生理前の乳房の張り、下腹部痛や頭痛、肌荒れなど身体に起こる様々なPMSの症状を強く感じるようになります。初めて症状を感じた人はPMSではない別の病気かなと勘違いをする人も少なくありません。

月経前に身体に変化が起こるのは、毎月の月経周期に合わせて分泌される2つの女性ホルモンが大きな変動にさらされることになるためです。

食生活等と生活習慣の乱れが起きやすいのもこの年代であり、過度なダイエットでの栄養不足や睡眠不足による体調不良でホルモンバランスが崩れてしまうと更にPMSが悪化することもあります。

30代

30代になると、20代から続く頭痛や胸の張り等の身体的なPMSの症状に加えて精神的な不安定を感じることも多くなります。

30代は女性ホルモンの分泌量が徐々に減少し性成熟期の後期となります。30代では結婚、妊娠、出産、育児などのライフステージの変化によるストレスなども大きく影響し、イライラや情緒不安定、うつ、注意力散漫などの精神症状を発することがあります。

40代〜

女性ホルモンの分泌が急激に減少する40代以降、PMSの症状は徐々に減っていき閉経を迎える頃にはすっかり無くなります。

一方女性ホルモンの減少や揺らぎが大きくなる更年期に入ることから、、自律神経の乱れからめまい、倦怠感、不眠などの更年期障害を発症する可能性があります。

更年期障害は、PMSのように毎月生理前だけに起こる症状ではなく、一定期間継続的に起こり、時期が来ると終わるといった特徴があります。

以下の記事も合わせて読む
30代で更年期が訪れる女性も…プレ更年期障害とは?

出産経験もPMSの症状に影響を及ぼす

ブルーな気持ち

一般的に出産経験のある女性の方が、イライラしたり怒りっぽくなったり、自己否定感が強くなる等の精神的な不調に悩まされることが多いようです。育児や多忙のストレスも少なからず影響しているようです。

また、PMSの症状の度合いが出産後に出産前よりも重くなった人、逆に軽くなったという人もいて出産を機に変化する人も少なくありません。

これは原因がはっきりとはわかっていませんが、出産前後で環境 (ストレスや生活習慣など)や精神状態などが大きく変わることが関係していると言われています。

PMSの症状を改善するためにできること

PMSの症状を和らげるためには、いくつかの方法があります。

生活習慣やストレスを改善

PMSの予防として、生活習慣を改善したり、精神的・肉体的に負担をかけすぎないことなどがあげられます。 適度な運動と栄養のある食事、そしてリラックスできる時間などが設けられるとより良いでしょう。 とはいえ、働き盛りで生活リズムルが乱れがちな20代の場合、生活そのものを変えようと思ってもなかなかすぐに変えることは難しいかもしれません。 少しずつでも改善できるよう、心がけましょう。

漢方薬で体内環境を改善

PMSの症状の改善や予防として、漢方薬を処方されることがあります。漢方薬は体内の不調を緩やかに改善してくれるます。そのため、即効性はあまりなく、体内環境が整うまでに時間がかかります。その一方で、決まったタイミングで漢方薬を飲むだけで効果が出ますので、日常生活に取り入れやすいのもいいところです。PMSの症状別におすすめの漢方薬をご紹介します。

  • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):体や頭が重く感じる方
  • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):肩こり、腹痛、のぼせがある
  • 加味逍遙散(カミショウヨウサン):イライラ、憂鬱さを感じる

漢方薬はあなたの体質や症状に合ったものを処方してもらいましょう。漢方薬のことがわからない、気になるけれど病院に行く暇がないといった方は、ネットで薬剤師に相談して購入できるショップもあるので、相談してみるのもおすすめです。

▼ 自宅から漢方が注文できる
オーダーメイド漢方定期便はこちら

まとめ

年代による女性ホルモンの分泌量の変化や月経周期に合わせた女性ホルモンの変動を知ると、PMSの症状の年代による変化はごく自然なことだとわかります。年代別に変わっていく症状を把握しながら上手に付き合っていくことが大切です。

いつ、どのように、どのくらいの強さで症状が出るかを記録し、毎月の不調を自覚するだけで軽くなることもあります。

また、出産経験を含め自身のライフステージの変化によりPMSの症状も大きく変化することがあることも自覚しておくと適応しやすいでしょう。

症状がひどく辛い時は、我慢せずご家族に相談したり、お薬に助けてもらうことも可能です。

また、PMS症状だと思い込んで別の病気がひそんでいることもあるので身体の不調が長引いたり気になることがあればかかりつけ医に相談しましょう。自身の心と身体を労わりながら上手に症状と付き合っていきましょう。

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

友だち追加
自宅でできるホルモン検査
この記事をシェア