更年期の関節痛の原因と対処法

この記事の監修者

前田 裕斗

前田 裕斗

産婦人科専門医

経歴

2013年3月 東京大学医学部医学科卒業
2015年3月 川崎市立川崎病院にて初期臨床研修修了
2015年4月 神戸市立医療センター中央市民病院産婦人科専攻医
2018年4月 国立成育医療研究センター産科フェロー
2018年10月 日本産科婦人科学会産婦人科専門医取得
2021年4月 東京医科歯科大学国際健康推進医学分野博士課程在学

更年期を迎える40~50代の女性の中には、膝や指などの関節が痛む「関節痛」に悩んでいる方が多くいらっしゃいます。この記事をお読みの方の中にも、それまで全く平気だったのに急に痛みだして困っているという方がいるかもしれません。
関節が痛むと体を満足に動かせなかったり、精神的にも気持ちが落ち込んだりしてしまいます。できることなら症状を治して元気に生活をしたいはずです。今回はそんな関節痛にお悩みの方のなぜ?どうすれば?を解決するため、更年期の関節痛の原因と対処方法について解説していきます。

この記事でわかること

  • 更年期に生じる関節痛の原因
  • 関節痛が生じたときの対処法
  • 受診すべき診療科の選択

更年期と関節痛について

関節痛の対処法をお伝えする前に、まずは更年期と関節痛の関係性についてお話していきます。一見、更年期と関節痛が結びつかないように感じる方もいるかもしれませんが、実は体の中ではホルモンレベルで深い繋がりがあるのです。具体的にどのような関係があるのかを見ていきましょう。

更年期の関節痛

更年期を迎える40~50代の女性は体や心が大きく変化する時期であり、さまざまな不調が出やすい時期です。そのうちの1つとして膝や指の関節痛を伴う方がいらっしゃいます。
女性ホルモンは月経などの子どもを妊娠するための準備だけでなく、女性が活き活きと生活するために必要な活力となるものです。特に女性ホルモンの1つである「エストロゲン」は関節の滑らかさを維持したり、炎症を抑えたり、肌の弾力や艶をよくしたりする作用があります。
しかし更年期に入ると、女性ホルモンの分泌が不安定になったり、急激に減少したりします。こうした「女性ホルモンの揺らぎ」が関節痛の原因になっているのです。

更年期以外が原因の関節痛

更年期以外が原因になる関節痛もあり、その中でも多いのが「関節リウマチ」と「変形性関節症」です。これらの疾患は更年期の女性でもよく起こることがあり、更年期からくる関節痛と治療方法が異なるため鑑別する必要があります。
これらの違いは関節のX線検査・血液検査・関節エコーなどを行うことによって、疾患を鑑別することが可能です。このように更年期の関節痛は必ずしもホルモンだけが原因とは限りません。
特に関節リウマチや変形性関節症は進行すると、関節に不可逆的な炎症や変形を起こしてしまいます。症状が現れたときには、甘く見ずに念のため受診することをおすすめします。

更年期の関節痛の対処法

更年期に起こる関節痛の原因についておわかりいただけたところで、続いてはその対処法をご説明します。対処法としては薬による治療・生活習慣の改善・医師への相談が挙げられます。痛みが現れたとき、速やかに対処ができるよう確認しておきましょう

薬による対処法

更年期に起こる関節痛は主にホルモンの「乱れ・不足」が原因となっているため、その不足分を補う「ホルモン補充療法」が有効です。またホルモンを補充することにより、更年期に伴うさまざまな諸症状の改善も見込めます。治療に使う薬も飲み薬・貼り薬・塗り薬とさまざまな種類があるため、生活スタイルに併せて選択できます。
またホルモン療法はしたくない、という方は漢方薬・鎮痛薬などで対応することもあります。

生活の改善

1番始めやすい対処方法は生活習慣の「見直し」と「改善」です。ホルモンの揺らぎは更年期だけでなく、寝不足・栄養バランスの偏り・運動不足などの生活習慣が原因でも生じます。
まずは規則正しい健康的な生活を心がけ、適度な軽い運動も行うようにしましょう。10~20分程度の散歩でも十分な効果が得られます。もし膝が痛くて歩けないという方はその場で足踏みをしたり、椅子に座りながら膝を上げ下げしたり、曲げ伸ばしをしたりするのもよいです。
痛いからといって動かさずにいると関節はどんどん硬くなり、さらに動かしにくくなってしまいます。ドクターストップがかかっているなど事情があるとき以外は、ゆっくり少しずつ動かした方が体にとってもよいのです。実際に整形外科では治療の一環として理学療法的なリハビリを行う場合もよくあります。

医師への相談

関節痛について医師へ相談する場合はまず「整形外科」を受診するのがよいです。そこで関節痛が前述した関節リウマチや変形性関節症などの別の疾患によるものかを確認する必要があります。
関節に他の病気がなく、関節痛だけでなく、ほてりやイライラといった更年期の症状を含む相談の際には「内科」や「婦人科」などの受診も検討しましょう。
関節痛にはさまざまな原因が考えられます。痛みだけでなくこわばりや腫れ、形が歪んできたといった症状を認めたときにはすぐに受診することをおすすめします。

まとめ

今回は「更年期に起こる関節痛」についてご紹介しました。更年期には女性ホルモンの揺らぎが大きくなり、その影響で関節痛が生じる方が多いのです。

  • 規則正しい生活(食事・運動・睡眠)
  • 薬による治療 医師への相談
  • 理学療法的なリハビリ

もし関節痛の症状が現れたら、対処方法として上記のような方法を取りましょう。しかし、関節痛の原因が必ずしもホルモンによるものだけとは限りません。他の原因がある可能性も頭の片隅に置いておきましょう。心配なことがあるときは、迷わず医師に相談してくださいね。

自宅でできるホルモン検査
この記事をシェア