更年期に突入?月経の不正出血が止まらない!病院に行くべき月経不順の目安

この記事の監修者

前田 裕斗

前田 裕斗

産婦人科専門医

経歴

2013年3月 東京大学医学部医学科卒業
2015年3月 川崎市立川崎病院にて初期臨床研修修了
2015年4月 神戸市立医療センター中央市民病院産婦人科専攻医
2018年4月 国立成育医療研究センター産科フェロー
2018年10月 日本産科婦人科学会産婦人科専門医取得
2021年4月 東京医科歯科大学国際健康推進医学分野博士課程在学

更年期になると卵巣の機能が低下したり、女性ホルモンのバランスが崩れたりする影響で、さまざまな症状を引き起こすことがあります。そのうちのひとつが不正出血です。 そういえば最近、「月経の回数が増えた気がする」とか、「前より月経期間が長くなったかも…」なんてことはありませんか?もしかしたら更年期の影響かもしれません。 更年期ってなに?どうして不正出血が起きるの?不正出血がみられたらどうしたらいいの?という方に向けて記事をまとめました。

この記事でわかること

  • 更年期とはどういうものか
  • 更年期の不正出血が止まらない原因
  • 更年期の不正出血を改善する方法

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

友だち追加

更年期とは

更年期とは、閉経する5年前から閉経後5年経つまでの10年の期間のことです。閉経する時期には個人差がありますが、日本人女性の平均年齢は50歳といわれているので、一般的には45歳から55歳頃が更年期にあたります。 早い人では、30代後半から更年期のような不調があらわれることがあります。若い頃に無理なダイエットをしたり、喫煙や大量飲酒など不健康な生活習慣を続けている人ほど、ホルモンバランスは乱れやすいのです。 

 

月経不順?不正出血が止まらない原因

不正出血が止まらない原因は、更年期以外にも子宮筋腫や子宮頸がん、子宮頸管ポリープなど、女性特有の病気が隠れている場合があります。 子宮筋腫は、30代から50代に多くみられる良性の腫瘍(しゅよう)です。筋腫自体が小さいうちは自覚症状はありませんが、筋腫が大きくなるにつれて出血量が増え貧血になったり、月経期間が長くなったりします。腹痛や腰痛がひどくなることもあります。 子宮頸がんは、20代から30代に多くみられるがんです。血の混じった茶色のおりものが出たり、おりものの匂いが気になったりします。また、子宮体がんも同じような症状で、40代後半以上に多くみられます。 子宮頸管ポリープは、20代から50代にみられる疾患です。排便時やスポーツのあとに血の混じった茶色のおりものが出ることがあります。

 

更年期に月経の不正出血が止まらない理由

更年期に月経の不正出血が止まらない理由は、卵巣の機能低下と女性ホルモンのバランスにあります。加齢によって卵巣から分泌される女性ホルモンが減るため、もっと分泌量を増やそうと脳から指令が出ます。その結果、1カ月に2回月経がくることも。 また、無排卵の月経が起こりやすくなるため、出血がいつもより少量だったり、反対にたくさんの出血がダラダラ続いたりすることがあります。そして、月経不順を繰り返しながら閉経へと向かいます。 

 

更年期の不正出血を改善する方法はある?

更年期の不正出血には、病院での治療でしか改善できないものと、自分でも改善できるものがあります。気になる症状がある場合は、早く解決したいですよね。更年期の不正出血を改善する方法についてご紹介します。

 

病院を受診した方がよい基準

病院を受診することが望ましいのは、

  • 出血が10日以上続く
  • 閉経後なのに出血している
  • 何度も繰り返している
  • 強い痛みを伴う
  • 血のかたまりが出る
  • 出血の匂いが変(香りがきつい、生臭いなど)
  • 貧血がつらい などの症状がみられている場合です。

  • もし、不正出血が女性ホルモンの乱れが原因で起こっているのなら、ホルモン剤の治療で出血を止めることができます。また、女性器の異常によって起こっている不正出血なら、病気の早期発見にもつながります。受診をする際は、どのような出血なのか把握してもらうため、出血が起こっている時に一度病院を訪れてみましょう。 

     

    漢方薬を利用する

    病院を受診しても、不正出血の原因が特に見当たらない場合やストレスの影響などが考えられる場合は、漢方薬の出番です。最近ではドラッグストアなどで購入できる市販薬も増えてきました。漢方医学において不正出血は、「気」や「血」の不足と考えられています。不正出血によく使用される漢方薬を3つご紹介しましょう。 芎帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ)は、気のエネルギー不足により血管から血が漏れ出している場合に用いられます。 清営顆粒(セイエイカリュウ)は、血が熱を持って出血しやすい場合に用いられます。 田七人参(デンシチニンジン)は、血のめぐりが悪くなり行き場がなくなって出血する場合に用いられます。

    以下の記事を合わせて読む
    更年期と漢方薬の関係|更年期に効果的な漢方とは 

    生活習慣を見直す

    生活習慣を見直し、ホルモンバランスを整えることも大事です。 まず、食事はタンパク質、脂質、炭水化物、食物繊維をバランスよく取るように心がけましょう。残念ながら「これを食べれば大丈夫」といった薬の代わりになるような万能な食品はありません。しかし、大豆を含む食品はエストロゲンに似たはたらきをするイソフラボンが豊富だったり、牛乳や小魚に含まれるカルシウムは骨量を増やしたり、食物繊維は腸内環境を整えてくれたりと、私たちの体に必要なものはたくさんあります。 そして、十分な睡眠と適度な運動も大切です。睡眠不足になると自律神経が正常にはたらかなくなり、ホルモンの分泌が乱れる原因にもなります。また、適度な運動はストレスの解消や血流や代謝の促進に効果があり、体にとってよい影響を与えるので、積極的に取り入れていきたいところです。 

     

    まとめ

    年齢を重ねていく上で、月経が変化したり、今までになかった症状があらわれたりすることは、ごく自然なことです。更年期に起こりがちな不調は個人差があるので、まったく感じない人もいれば、日常生活がままならないほどつらく感じる人もいることでしょう。今回ご紹介した不正出血の起こる原因には、病気が隠れている場合もあるため、自己判断で放置するのはとても危険です。異常を早期発見するためには、早めに病院を受診する必要があります。もし、不正出血など気になる症状にお悩みの方は婦人科を受診しましょう。

    【あなたのことがたった3分でわかる】
    LINEでできる医師監修無料問診はこちら

    友だち追加
    自宅でできるホルモン検査
    この記事をシェア