漢方薬「桂枝茯苓丸」が合わない人は?飲み合わせする際の注意点なども紹介

この記事の監修者

前田 裕斗

産婦人科専門医

経歴

2013年3月 東京大学医学部医学科卒業
2015年3月 川崎市立川崎病院にて初期臨床研修修了
2015年4月 神戸市立医療センター中央市民病院産婦人科専攻医
2018年4月 国立成育医療研究センター産科フェロー
2018年10月 日本産科婦人科学会産婦人科専門医取得
2021年4月 東京医科歯科大学国際健康推進医学分野博士課程在学

「桂枝茯苓丸が自分に合いそうだから飲んでみようかな」と考えた際に、本当に飲んでみて大丈夫かな、合わない反応が出ないかな、などの不安はありませんか?初めて服用する薬に対して、不安を感じるのは当然のことでしょう。

体質や症状に合った漢方薬を選ぶことで、合わない反応が出る可能性は減ります。今回の記事では、桂枝茯苓丸が合わない人の見極め方を説明し、さらに合わなかったときの対処法や気を付けるべき副作用なども紹介します

この記事でわかること

  • 桂枝茯苓丸が合わない人
  • 副作用や飲むときの注意点
  • 桂枝茯苓丸が合わなかった場合の対処法
  • 桂枝茯苓丸を手に入れる方法

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

友だち追加

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)とは?

桂枝茯苓丸とは、婦人科系のお悩みで多く使われている漢方薬です。婦人科系では、月経痛や月経異常、更年期障害など幅広い年齢の悩みに効果があります。婦人科系以外には、しみやにきび、しもやけなど皮膚症状、肩こり、下腹部痛、めまい、冷えのぼせなど全体的な症状に効果を発揮する漢方薬です。

桂枝茯苓丸は、ホルモンや血液、栄養と関係する「血」のめぐりを改善し、さまざまな効果を発揮します。一般的に女性の悩みに使われる漢方薬ですが、症状や体質が合っていれば男性も服用できます。

以下の記事も合わせて読む
「桂枝茯苓丸」月経・妊娠・更年期障害などの悩みへの効果的な服用方法

桂枝茯苓丸が合わない人

桂枝茯苓丸が合わない人は、体が弱っている可能性があります。桂枝茯苓丸は、比較的体力がある方向けの漢方薬なので、疲れやすく体力がない方や、すぐに風邪をひくような免疫力が弱っている方には合わない場合が多いでしょう。

漢方を選ぶ際は、症状以外にも体質が非常に重要です。虚弱体質の方が、体力がある方向けの漢方薬を服用すると、効果が強すぎて体の負担になりかねません。

体質が虚弱な方以外には、胃腸が弱い方も桂枝茯苓丸が合わない場合があります。桂枝茯苓丸に含まれる成分が胃に負担になり、食欲低下や胃もたれなどの症状が出ます。

副作用

桂枝茯苓丸の添付文書には、副作用として以下の3点が記載されています

  • 皮膚:発疹・発赤、かゆみ
  • 消化器:食欲不振
  • 肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等

皮膚の症状は、アレルギー反応で飲み始めにおこる場合が多く、どの漢方薬にも記載があります。消化器症状は、胃腸の弱い方は出る可能性があります。肝機能障害は、まれですが報告のある副作用です。

飲み合わせする際の注意点

桂枝茯苓丸には、飲み合わせの悪い西洋薬や食品、飲み物は特にありません。ただし、別の漢方薬を飲んでいるときには、重ねて飲まない方がいい場合もあります。

漢方薬は1つの処方に、いくつかの生薬が組み合わせて配合されています。複数の漢方薬を飲むと、バランスがくずれて期待した効果が出ない場合もあるので注意しましょう。

また、漢方薬によっては西洋薬と飲み合わせに注意が必要な処方もあります。服用する前にお薬手帳などで医師や薬剤師に確認しましょう。

効果が出るまでの期間は?

効果が出るまでの期間は、個人差があります。1つの目安として、1カ月くらい服用するといい変化が現れることが多いと考えていいでしょう

反対に、1カ月継続して服用してもまったく変化がない場合は、服用を続けずに医師や薬剤師など漢方に詳しい専門科に相談するのがおすすめです。漢方には多くの種類があるので、体質や悩みに合わせて、適切な漢方を選んでもらいましょう。

桂枝茯苓丸が合わなかった場合の対処法

桂枝茯苓丸が合わなかった場合は、服用を中止し、処方された病院や漢方薬局に相談しましょう。いつから飲み始めて、いつ頃からどのような症状が出たのかなどを相談してください。そして専門家と一緒に、自分にあった漢方薬を見つけることをおすすめします。

合わない症状が出ても、別の処方に切り替えると大丈夫な場合も多いです。新しい漢方薬を飲むのが不安な場合は、医師や薬剤師と相談しながら、少量から服用を開始し徐々に体になじませていく方法もあります。

漢方薬「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」を手に入れるには

桂枝茯苓丸を手に入れるには、いくつか方法があります。ここでは病院を受診して処方してもらう方法と、ネットで注文する方法の2つを紹介します。ネットで注文する方法は、最近サービスを提供している会社も増え、受診する方法と比べて手軽で便利です。

病院で受診して処方を受ける

桂枝茯苓丸を手に入れる1つめの方法は、病院を受診して処方してもらうことです。受診する病院は、産婦人科や皮膚科など、症状に合わせましょう。漢方薬の処方は、法律的にはどの病院でも可能です。しかし、漢方薬の処方を積極的にしない医師も中にはいます。あらかじめホームページで、漢方治療を取り入れているか確認しておくと確実ですね。

病院から処方される漢方薬は、エキス剤という粉薬の形状が一般的です。処方によっては、丸剤という錠剤もありますので粉薬が苦手な方は、あらかじめ医師に伝えるといいでしょう。

ネットで漢方薬を注文するには

ネットで漢方薬を注文できるサービスは、最近普及が進んでいます。LINEやメールで体質や症状を説明し、自分にあった漢方薬を選んでもらえます。桂枝茯苓丸を飲みたい方は、その旨を伝えて体質に合っているか確認してもらうこともできるでしょう。

サービスの中には、医師が監修した問診をLINEで無料で受けられるものもあります。サービスを選ぶ際のポイントは、安心して服用できるか、値段、便利さなどです。特に漢方薬は医薬品なので、医師や薬剤師など専門家のフォローがしっかりあり、品質もこだわっているサービスが安心です。

▼ LINEで漢方の相談ができる
医師監修の無料問診はこちら

まとめ

桂枝茯苓丸は、さまざまな効果のある漢方薬で、処方されることも多いです。しかし、虚弱体質の方や胃腸が弱い方は合わない場合があります。体質を見極めて、自分に合った漢方薬を服用しましょう

万が一、合わない反応が出た場合は服用を中止して医師や薬剤師など専門家に相談してください。そして、専門家と一緒に体に合った漢方薬を見つけられるといいですね。

漢方薬を手に入れるには病院を受診する方法が一般的でしたが、最近はネットで相談して購入するサービスも多くあります。医師の監修や品質など安心して服用できるサービスを利用するのがおすすめです。

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

友だち追加
自宅でできるホルモン検査
この記事をシェア