更年期|ホットフラッシュに効果的な漢方薬を紹介

この記事の監修者

前田 裕斗

産婦人科専門医

経歴

2013年3月 東京大学医学部医学科卒業
2015年3月 川崎市立川崎病院にて初期臨床研修修了
2015年4月 神戸市立医療センター中央市民病院産婦人科専攻医
2018年4月 国立成育医療研究センター産科フェロー
2018年10月 日本産科婦人科学会産婦人科専門医取得
2021年4月 東京医科歯科大学国際健康推進医学分野博士課程在学

「顔や頭が熱くなって汗をかく」、「体や手足が熱い」などの「のぼせ」や「ほてり」の症状を感じている場合、それは更年期障害のホットフラッシュかもしれません。更年期症状の現れ方には個人差がありますが、ほてり、のぼせを強く感じる人は「気」や「血」の巡り、「水」の異常を改善する方法で症状を解消できることがあります。ここでは漢方を中心にホットフラッシュを解消する方法をご紹介します。 この記事でわかること
  • ホットフラッシュの症状と原因
  • ホットフラッシュに効果的な漢方
  • 漢方以外のホットフラッシュを解消する方法

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

友だち追加

ホットフラッシュとは

ホットフラッシュとは、更年期障害のひとつで、ほてりやのぼせ、発汗などの症状のことをいいます。周りの環境になく発症することが多く、多くの更年期を迎えた女性の悩みの一つです。「ほてり」とはからだの異常な熱感のことをいいます。そのほてりが頭や顔に生じた場合を「のぼせ」とよびます。この症状は更年期障害で経験する女性が多く、まとめてホットフラッシュと呼んでいます。

ホットフラッシュが起こる原因

更年期に起こるホットフラッシュの原因は、女性ホルモンのバランスの乱れ、自律神経の乱れと考えられています。女性ホルモンのエストロゲンが減少し、ホルモンバランスが崩れ、体温調整を含む様々な身体の生理現象を司る自律神経の調節もうまくいかなくなることで起こると考えられています。ホルモンや自律神経の乱れは、血管の収縮や拡張を引き起こすと考えられています。血管が拡張して血流が一気に増えると、ほてりが起こります。

 

ホットフラッシュに効果的な漢方薬

漢方の考え方では、特定の症状を改善するというよりも、身体全体の状態やバランスを正常な状態に戻すという方法で治療をおこないます。漢方では、身体は、「気(き)」、「血(けつ)」、「水(すい)」の3つの柱で支えられていると考えられており、更年期障害の症状は年齢による3本柱の崩れからきていると考えています。この3本柱のバランスを整えていくことで症状を解消していきます。漢方は個人によって効き目が様々なので、ご自身に合うものを見つけていくことが大切です。

 

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

婦人科の三大漢方薬の一つで、主薬となる「桂皮(けいひ)」はシナモンでなじみのある植物由来の植物です。血の巡りを良くすることで、のぼせを取って頭をスッキリさせてくれる効果があります。茯苓には気分を落ち着かせる作用や身体の水の流れを促す作用があります。桂枝茯苓丸が合うタイプの方は、比較的体格が良く頑丈なタイプの人や、赤ら顔、のぼせ、発汗症状が強い人となります。1)

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

婦人科の三大漢方薬の一つで、血行障害やうっ血などを表す「血(けつ)」の不足を補い、身体全体の血液の巡りをよくして、体を温める作用があります。主に疲れやすく、下半身の冷え、貧血傾向で少しむくみ気味、めまい、頭痛、肩こりのある人に用いられます。 1)

加味逍遙散(かみしょうようさん)

婦人科の三大漢方薬の一つで、月経異常や更年期障害など女性特有の症状に効果が期待できます。「気」の流れを改善することで「血」と「水」の巡りを改善すると言われています。気持ちが落ち込んだり、イライラなど、精神的な不安感を持つ人に適しています。体力がなく、肩こりやめまい、頭痛のある人に用いられます。

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

比較的体力がある方向けの漢方です。ほてりと不眠に効果があります。黄連解毒湯は、身体の上部にこもった熱を下に下ろす作用があり、身体の熱を冷ます作用がある漢方の代表的なものです。体力がある方やのぼせやイライラが強い方に向いています。

その他|ホットフラッシュを解消する方法

「ホットフラッシュかも?」と思ったら、腹式呼吸で深呼吸をしたり、アロマなどで心と身体をリラックスさせ自律神経を整え、心を落ち着かせる方法や、身に付けるものを通気性の良いものにしたり、涼しい部屋で休むなどして身体を冷ます方法で解消できます。 

腹式呼吸や落ち着く体勢でリラックスする

意識的に深い呼吸をしてリラックスしてみましょう。毎日3回ほどで構いません。深呼吸は自律神経を通じて副交感神経を優位にして、ほてりを和らげます。また、心を落ち着かせる効果があるアロマやハーブティーを取り入れることもおすすめです。ペパーミント、レモン、サイプレス、ゼラニウム、ラベンダー、クラリセージなどはホットフラッシュを落ち着かせたり、予防する効果があるといわれています。 

 

首筋や体を冷まして体温を下げる

身体のほてりや発汗を物理的に改善することも効果があります。通気性のよい服を着て熱を身体にためない、部屋を換気して涼しくする、首筋を濡れタオルやウェットティッシュなどで冷やすなどで体をさます方法で解消していくこともできます。首付近に通っている太い血管の熱を冷ませることで体全体の熱を冷まします。 

ツボを押す

ホットフラッシュの改善にはツボも効果的です。のぼせには足の親指と人差し指の骨が交わるところにある太衝というツボや、頭頂部にある百会(ひゃくえ)というツボ、大量の汗がでるときは、親指の付け根と人差し指の骨が交差する所のくぼみにある合谷(ごうこく)というツボがおすすめです。

このように、あなたの症状にあったツボを押してみましょう。ホルモンバランスを整える効果があるといわれている、足の内くるぶしの真下にある照海(しょうかい)もホットフラッシュの改善に効果が期待できます。身体のツボを押す際は、ゆっくりと圧をかけ、少し痛みを感じるけれど気持ちがいい程度の強さで刺激しましょう。 

食生活の改善

不規則な食生活をしていると自律神経のバランスが乱れやすくなり、その結果ホルモンバランスも乱れるため、毎日3食を規則正しくバランスのよい食事をすることが大切です。
中でも、女性ホルモンと似た作用のある大豆イソフラボンはホットフラッシュを軽減させる効果があるという米ジョージワシントン大学医学部の研究報告があります。その報告によれば、大豆を含む植物性食品中心の食事を12週間続けた女性は、60%近くが中等度から重度のホットフラッシュがなくなり、軽度なものまで含めるとホットフラッシュは全体の79%減少しました。 2)

大豆に含まれるイソフラボンから腸内細菌によって体内で作られる「エクオール」と呼ばれる物質が、ホットフラッシュの発生と重症化の軽減に関与していると考えられています。3)

さらに、イランでの393 人の閉経後女性を対象にした糖質の摂取量と更年期症状との関係を調査した研究結果にて、GI値が低い質の高い炭水化物の摂取量が多いほど、更年期の身体的および心理的症状が軽減されることもわかりました。4)

以下の記事も合わせて読む
体のほてり(ホットフラッシュ)やのぼせと更年期の関係|対策と改善方法

漢方を使ってホットフラッシュを改善しよう

様々な改善方法をご紹介しましたが、一時的な症状緩和ではなく、根本的に身体のバランスを改善していくという考えの漢方が自然な解決法としておすすめです。 漢方は、正しく服用しないと効果が得られない場合があります。過剰に摂取してしまったり、複数の漢方薬を同時に服用することで、それぞれの漢方薬に含まれる生薬のバランスが乱れ、効果が薄れることもあります。相性や、効果が相反する作用を持つものもありますので、正しい知識を持った医師や薬剤師などの専門家のアドバイスに従って服用することをおすすめします。

漢方を飲んでみたいけどどれを選んだらよいかわからない、知識がない、相談できるようなかかりつけ薬剤師がいない、かかりつけ薬剤師がいても漢方についての専門知識があるなのか不安なので聞きにくいなど、漢方についての不安や疑問を持つ女性にぴったりの漢方のオンライン購入サービスがあります。漢方のオンライン購入サービスでは、LINEで簡単な無料の問診を受けることができ、婦人科医や薬剤師などによる医療専門家があなたに合った高品質の漢方を、続けやすい価格でご提案します。

 

▼ LINEで漢方の相談ができる
医師監修の無料問診はこちら

まとめ

更年期に感じやすい症状のほてりやのぼせについて、症状を軽減、改善する方法をご紹介しました。まずは自身で手軽に行うことができる方法を取り入れながら、原因の一つであるストレスを減らして心身のバランスを整えていくことが大切です。

それでもなかなか改善しない場合や身体に感じられる効果がない場合は、漢方を取り入れるのをおすすめします。自分の身体にあったものをストレスなく続けられるよう、漢方の専門医や薬剤師さんにしっかり相談し、自分に合った漢方ライフをスタートさせましょう。

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

友だち追加

参考文献

1) 寺内公一.更年期女性への漢方診療の実際. 2018 

2) Barnard, Neal D. MD.The Women's Study for the Alleviation of Vasomotor Symptoms (WAVS): a randomized, controlled trial of a plant-based diet and whole soybeans for postmenopausal women.2021


3) Atsushi Takahashi.Association of equol with obesity in postmenopausal women.2021


4) Saman Mohsenian. Carbohydrate quality index: Its relationship to menopausal symptoms in postmenopausal women .2021  https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34274075/

 

自宅でできるホルモン検査
この記事をシェア