無排卵月経か知りたい!病院に行く前にセルフチェックで原因と対処法を紹介

この記事の監修者

前田 裕斗

前田 裕斗

産婦人科専門医

経歴

2013年3月 東京大学医学部医学科卒業
2015年3月 川崎市立川崎病院にて初期臨床研修修了
2015年4月 神戸市立医療センター中央市民病院産婦人科専攻医
2018年4月 国立成育医療研究センター産科フェロー
2018年10月 日本産科婦人科学会産婦人科専門医取得
2021年4月 東京医科歯科大学国際健康推進医学分野博士課程在学

「無排卵月経」をご存知ですか?月経のような出血がおきていても、排卵が起こっていない状態です。排卵は目に見えないため、無排卵月経に気付いていない方もいるでしょう。しかし、無排卵月経は長期的にみると骨や子宮の病気のリスクが高まり、不妊の原因にもなります。

今回の記事では、無排卵月経の原因や対処法を説明します。そして、無排卵月経の特徴をチェックリストにしているので、ぜひチェックしてみてください。いくつか当てはまる場合は、婦人科を受診するのが安心です。

この記事でわかること

  • 無排卵月経とは
  • 無排卵月経の原因
  • 無排卵月経セルフチェック
  • 無排卵月経の改善方法

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

友だち追加

無排卵月経とは

無排卵月経とは、月経のような出血はあっても排卵は起こっていない状態です。排卵が起こるためには以下の3つの段階があります。

  1. 脳の視床下部からGnRHというホルモンが分泌
  2. GnRHの刺激を受けて、脳下垂体からFSHとLHという2種類のホルモンが分泌
  3. FSHとLHの刺激を受けて、卵巣から卵が排出

どこかの段階に異常や問題があると、排卵は起こりません。

無排卵月経は、不妊の原因になります。そして、長期にわたり無排卵が続くと、骨粗しょう症や子宮体がんのリスクが高まるともいわれています。

排卵していない場合は、月経前の不調であるPMSの症状は出ないことが多いようです。無排卵月経前に不調が続く場合は、別の原因がある可能性が否定できないので、受診するのがおすすめです。

無排卵月経になる原因

無排卵月経になる原因は、病気によるものとそれ以外のものがあります。

無排卵月経の原因となる病気は、多のう胞性卵巣症候群(PCOS)や高プロラクチン血症、黄体化非破裂卵胞症候群(LUF)、甲状腺疾患などです。

そのほかの原因としては、肥満や過度なダイエットによる痩せすぎ、ストレスなどがあります。時期としては、環境が変わる4月はストレスが普段よりも多くなりやすいので、無排卵月経の悩みで受診する方が増えるようです。また、抗うつ薬など薬の影響で無排卵月経になる場合もあります。

無排卵月経セルフチェック

無排卵月経は、自覚症状がないため自分で気付くのが難しいです。しかし、月経が以下の特徴に1つでも当てはまる場合は、無排卵月経の可能性があります。セルフチェックで当てはまる方は、専門の婦人科で相談するのがおすすめです。特に妊娠を希望している方は、早めに受診しましょう。

  • 基礎体温が一定(高温期、低温期の二層にわかれていない)
  • 月経の周期が長い、もしくは短い
  • 出血量が多い、もしくは少ない
  • 月経時以外に、少量の鮮血が出続ける
  • 月に2回月経がくる
  • 月経痛や月経時の不調が以前はあったが、突然なくなった
  • 月経周期において、おりものが変化しない

妊娠による無排卵月経の可能性

妊娠が成立した後に流産した場合、その後の月経は無排卵月経になることが多いです。少し時間をおいてホルモンバランスが安定すると、正常な排卵・月経に戻るでしょう。

授乳中は、授乳に関係するホルモンの影響で卵巣のはたらきが抑制されます。そのため授乳中は、無排卵月経の可能性が高いです。

また、「無排卵月経の翌月は妊娠しやすい」と言われることがあるようです。しかし、無排卵月経の翌月は妊娠しやすいことを示すデータは特になく、むしろ無排卵月経を放置すると子宮や卵巣の機能低下を招く可能性があるので、注意が必要です。

更年期による無排卵月経の可能性

40代以降の更年期には無排卵月経になる可能性が高まります。更年期は、卵巣の機能が低下し排卵を起こす力が弱まるので、無排卵になることもあります。

更年期における月経の一般的な変化を説明すると、まず月経の量が減って周期が短くなります。その後、数回に1回程度無排卵月経が混ざり始めます。さらに、少量の出血がダラダラつづいたり、かなりの量の出血がおこったり、周期や量が変動します。

以下の記事も合わせて読む
更年期はいつから始まる?プレ更年期についてもご紹介

体調不良による無排卵月経の可能性

体調が悪いときは、無排卵月経になる可能性があります。例えば、体調不良で食事がとれず栄養が足りない場合は、脳の視床下部のはたらきが低下するので排卵がおこりません。そのほか摂食障害や、ストレスを受けて体重が減少するような栄養不足の場合も同様です。

また、体調不良時は体のエネルギーを体の回復に多く使います。そのため、排卵を起こすホルモンや卵巣のはたらきも普段と異なり、無排卵になる可能性が高まるでしょう。

病院で無排卵月経を改善する方法

病院で無月経排卵を改善する方法は、ホルモン療法と漢方薬です。妊娠を希望する場合は、排卵誘発剤を使用 するか、胚移植を行います。妊娠を希望しない場合は排卵誘発とは別のホルモン治療や漢方薬でホルモンバランスを整え、排卵や月経がおこるように促します。受診時に、妊娠の希望の有無を医師にしっかり伝えましょう。

妊娠を希望する場合は排卵誘発

妊娠を希望する場合は、排卵誘発もしくは胚移植行います。排卵誘発を起こすための治療は、クロミフェン療法とゴナドトロピン療法があります。

  • クロミフェン療法
    ホルモンの制御に関係する脳の視床下部にはたらきかけて、排卵を起こす薬です。排卵障害が軽度の場合に使われることが多いです。
  • ゴナドトロピン療法
    卵胞を発育させる力の強いヒト閉経後ゴナドトロピン(hMG)を注射し、卵胞を育てます。卵胞が一定の大きさをこえたら、排卵させるはたらきのある繊毛性ゴナドトロピン(hCG)を注射して排卵を起こします。ゴナドトロピン療法は、クロミフェン療法で妊娠しない場合に使われます。

排卵障害が重度の方や年齢によっては、胚移植が薦められる場合があります。胚移植は、採卵し体外受精をおこないます。

妊娠を希望しない場合はホルモン療法

妊娠を希望しない場合は、ホルモン剤を用いて月経のような出血を起こす治療が選択されます。ホルモンの状態に合わせて、プロゲステロンのみ補充する場合と、エストロゲンとプロゲステロンの両方を補充する場合があります。

いずれの治療も、周期的に黄体ホルモンの服用と出血を繰り返すと、その後休薬しても自然に排卵や月経が起こることがあります。医師の指示に従って、忘れずに服用しましょう。

【どちらも処方可能】漢方薬

漢方薬は、妊娠の希望の有無にかかわらず服用可能です。

漢方では無排卵月経を、「卵子の成長する力の不足」と、「気血の滞りにより排卵が阻害されている」という2つの可能性から考えます。どちらに当てはまるかは、体質や月経の様子を詳しく確認し判断されます。卵子の力が足りない方には気血を補う処方を、滞りが強くて排卵できていない方には気血を巡らせる漢方が合うでしょう。

そのほかにも、生殖器系に関係する腎(じん)の力の弱りも無排卵月経の原因です。その場合は、腎の力を高める処方を使います。

ただし、漢方薬のみで無排卵月経を改善するのは難しい場合も多く、なかなか改善しない場合は別の治療法を試してみるのもよいでしょう。

自分で無排卵月経を改善する3つの方法

無排卵月経は、日々の生活の見直しでも改善が期待できます。ストレスや身体の冷え、食生活と無排卵月経の関係を説明します。そして、生活の改善方法をできるものから取り入れてみてください。

ストレスを解消してリラックスする

無排卵月経の改善には、ストレスを解消してリラックスするのが有効です。月経や排卵に係る女性ホルモンの分泌は、脳の視床下部や下垂体という部位がコントロールしています。視床下部や下垂体は、ストレスの影響を受けやすいため、ストレスが多いと女性ホルモンがうまく調整できません。

ストレスを解消して、リラックスすることは脳の下垂体や視床下部のはたらきをスムーズにするので、排卵を起こすことにつながります。

身体の冷えを改善する

続いて、身体の冷えを和らげることも大切です。冷えは、女性ホルモンのバランスの乱れにつながります。そのため、身体の冷えを改善すると、女性ホルモンが安定し、排卵や月経が整うといえます。

体の冷えを改善するには、

  • お風呂につかる【半身浴が効果的】
  • 手首や足首、首をあたためる【手の甲の合谷(ごうこく)、足首の三陰交(さんいんこう)、首の後ろの大椎(だいつい)などのツボを温めて刺激する】
  • 羽織りものを常備して冷える前に羽織る

日常ですぐに取り組める方法がたくさんあります。ご自身の生活に合った方法を取り入れてみましょう。

食生活を変える

最後に、食生活を見直すことも大切です。バランスの良い食事は、ホルモンバランスの安定につながります。「〇〇が良い!」という情報に流されすぎず、色々な野菜やくだもの、たんぱく質、炭水化物などをバランスよく摂るのが良いでしょう。

また、身体の冷えを改善するためにも食生活を変えることは有効です。飲み物をなるべく温かくしたり、生野菜のサラダを温野菜に変える、お味噌汁やスープなど温かい汁物をとりいれるのも良いでしょう。

まとめ

無排卵月経のチェックリストや原因を説明しました。無排卵月経はひどい月経痛などのように、症状として感じることはほとんどありません。そのため、自分では気づかないことも。しかし、月経の周期や様子を改めて意識すると、無排卵月経の可能性に気づけます。そこで、定期的に先ほどのセルフチェックをすることをおすすめします。

無排卵月経は、将来の病気や不妊につながるリスクがあります。チェックリストから、無排卵月経の可能性を感じる方や、気になる方は早めに婦人科を受診するのがおすすめです。そして、無排卵月経は生活習慣からきていることも多いため、病院での治療のほかに、自分で改善できる方法もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

【あなたのことがたった3分でわかる】
LINEでできる医師監修無料問診はこちら

友だち追加
自宅でできるホルモン検査
この記事をシェア