月経不順とその原因について|対処法についても言及

この記事の監修者

前田 裕斗

前田 裕斗

産婦人科専門医

経歴

2013年3月 東京大学医学部医学科卒業
2015年3月 川崎市立川崎病院にて初期臨床研修修了
2015年4月 神戸市立医療センター中央市民病院産婦人科専攻医
2018年4月 国立成育医療研究センター産科フェロー
2018年10月 日本産科婦人科学会産婦人科専門医取得
2021年4月 東京医科歯科大学国際健康推進医学分野博士課程在学

月経が予定どおりに来ない、月経周期が正常範囲内ではない、出血期間が正常範囲より長いまたは短い、これらの月経の異常を月経不順と呼びます。月経不順の原因は多岐にわたり、原因によって改善方法や治療方法もそれぞれ異なり、薬や漢方での治療も行われます。

また、婦人科系疾患が原因となっている場合は治療が必要になるため、早めの受診が必要です。ここでは、月経不順の定義や種類、治療法や受診の目安について詳しく解説します。

この記事でわかること

  • 月経不順て何?どうして起こるの?
  • 月経不順にはどんな種類があるの?
  • 治療法や改善方法はあるの?
  • 薬や漢方で治る?
  • 何かの病気かどうか不安だけど見分け方ってあるの?

月経不順とは?

正常な月経は通常25~38日の周期で、出血期間は約3~7日間続きます。この規則正しい周期や出血期間が大きく乱れることを月経不順と呼びます。

ただし、月経周期は毎回必ず同じとは限らず、普段の周期から1週間程度ずれることがたまにある程度であれば問題ありません。

妊娠をしていないのに月経が何か月も来なかったり、毎回周期がバラバラ、もしくはずっと短い、ずっと長い場合は月経不順である可能性が高いです。

正常な月経と月経不順の定義

月経には、月経周期や変動の程度、出血持続日数においてその働きが正常であることを示す「正常月経」が定義されています。正常月経の定義は「月経周期が25~38日の間にあり、その変動が6日程度以内。出血持続日数は3~7日程度」というものです。この定義に当てはまらない場合を「月経不順」と呼びます。

例えば、3か月以上月経が来ていない場合、出血日数が10日以上ある場合、周期が25日周期だったり36日周期だったりするという不規則な周期が続く場合は月経不順であると言えます。

月経不順の種類

月経不順にはさまざまな種類があります。主な種類は以下の通りです。

①   頻発月経:周期が24日以下の短いサイクルになる月経
②   稀発月経:周期が延長し39日以上の長いサイクルになる月経
③   過長月経:月経期間が8日以上続く月経
④   過短月経:月経期間が2日以内の月経

こうした状態が3ヶ月程度続く場合を目安として異常と判断します。これ以外にも過小月経(量が極端に少ない月経)や、無月経(月経が3か月以上来ない)、更年期前の月経不順など様々な不順の種類があります

稀発月経

月経周期が39日以上の月経を「稀発月経」と呼びます。それまで平均的な長さだった周期が急に長くなったり、徐々に長くなったり、また以前の周期に戻ったりと、その症状の現れ方はまちまちです。女性ホルモンが正常に分泌されていない、もしくはホルモンのバランスが悪いことが原因と考えられています。
ただし、体質的に卵胞の成長に時間がかかる(周期が長くなる)ケースもあり、周期ごとに大きな変動がなければ問題ないこともあります。

稀発月経でも排卵が確認できれば妊娠・出産は問題なく可能ですが、無排卵の可能性もあるため妊娠・出産を希望する場合は検査が必要です。

頻発月経

月経周期が短く、24日以下になる場合を「頻発月経」と呼びます。24日以下の周期となると、1か月に2回月経が来るケースもあります。

稀発月経と同様問題ないことも多いですが、排卵後にでき、着床や妊娠の維持に必要な黄体の機能が不十分な「黄体機能不全」が原因のこともあります。黄体機能不全の場合は妊娠・出産を希望する場合婦人科での治療を行うことが望まれます。

過長月経

月経期間が8日以上続く月経を、「過長月経」と呼びます。原因は様々で、そもそも出血量が多い過多月経のため排出に時間がかかっている場合や、月経以外に出血する、不正出血が月経に引き続いて起きているなどの可能性があります。

過短月経

月経の期間が短く、2日以内に終わってしまう月経を「過短月経」と呼びます。経血量が異常に少ない「過少月経」を併発しているケースがよく見られます。女性ホルモンの分泌量が不十分であることによる子宮自体の発育不全や子宮内膜が薄い場合、ホルモンバランスの乱れから排卵がうまくいっていない場合、黄体ホルモンの分泌が不十分で黄体機能不全に陥っている可能性があります。

月経不順の原因

妊娠も閉経もしていないのに月経が来ない場合は月経不順である可能性が高いです。月経不順の最も大きな原因としては、女性の身体や月経周期を調整している女性ホルモンのバランスの乱れが挙げられます。

ホルモンバランスの乱れを引き起こす要因は、ストレスや疲労、過度なダイエットなど様々な要因が考えられています。思春期や更年期も女性ホルモンの分泌が不安定になることが多いです。

妊娠

月経が定期的に来ない場合は、月経不順以外に妊娠している可能性もあります。妊娠の可能性がある場合、周期を過ぎても月経が来ない場合は妊娠検査をしましょう。

また、妊娠初期に出やすい不正出血を月経が来たと勘違いして妊娠に気付かない人もいます。

妊娠4週目頃に起こる着床出血は病的なものでなく、受精卵が子宮内膜に着床するときに起こります。

月経予定日と同じ時期に出血があるため、月経出血と区別がつきにくいというのが特徴です。

着床出血の血液の色は、人によって異なり個人差が大きく、おりものに血が混ざったようなピンク色、鮮血、茶色の出血など様々です。着床出血と月経の血液の性状の違いは、月経では血の塊が出ることがあるのに対し、着床出血で血の塊が出ることはありません。

また、着床出血は、月経の出血に比べると量が少なく、期間も1~2日ほどから長くても3日程度と短いのが特徴です。

更年期

更年期に入ると月経周期が乱れることがあります。また、経血の量にも変化がおき、経血量が急に減ったり増えたり、だらだらと出血が続くこともあります。卵巣機能の衰えからホルモンの揺らぎが大きくなり、排卵の時期が不安定になる、月経が遅れて子宮内膜が厚くなり出血量が増える、子宮内膜の状態が不安定となり血管が表面に露出して大量出血や不正出血が起こることがあります。
また、月経がきても、排卵を伴わない無排卵月経であることも多くなります。

ストレスなどによるホルモンバランスの乱れ

通常、月経は卵巣ホルモン、黄体ホルモンといった女性ホルモンによってコントロールされています。これら女性ホルモンの分泌は、脳視床下部、脳下垂体、卵巣の3つの器官が連携して行っており、正常に機能していれば、月経が起こります。

脳視床下部は、ストレスの影響を受けやすい器官です。家庭、職場、学校などでの精神的ストレスから視床下部の働きが乱され、ホルモンバランスが崩れて月経不順になることがあります。

また、疲労や激しい運動、無理なダイエットも女性ホルモンのバランスに影響します。

月経不順の対処法

月経不順を起こす要因は様々で、年齢、環境、引き起こしている原因によって改善方法や対処法が変わるため自分に合った改善策を見つけることが大切です。薬や漢方で治療できる場合もあれば、ストレスや過労を減らし規則正しい生活をする等で生活習慣を改善するだけで治る場合もあります。

薬の使用

月経不順は薬やピルで治療することも可能です。妊娠を希望する場合はクロミッドなどの排卵誘発剤を用います。クロミッドだけで排卵が起こりにくい場合は、HCG製剤の注射を行い排卵を促すこともあります。

妊娠を希望しない場合は、LEP(低用量エストロゲン・プロゲスチン配合剤)、いわゆるピルで定期的に月経を起こします。毎月月経がくるタイプの薬に加え、最近では3ヶ月に1度月経を起こすタイプのピルもあります。

漢方の使用

漢方薬は女性ホルモンを直接整える作用があるというよりは、体質全体を整えるタイプのお薬であり、月経不順を整える作用は比較的弱く、漢方薬だけで月経が整うことは稀です。一方で月経不順に伴う症状の改善には有効なことも多く、他の治療と併用されることが多くなります。月経不順のタイプ別に効用の異なる漢方があるので代表的なものを紹介します。

<月経周期が長くなる場合>

温経湯(うんけいとう):冷え性で体力があまりなく、皮膚や唇がかさつく人に用いられます。具体的には、月経不順や月経痛、足腰の冷えや痛み、冷えのぼせ、しもやけを改善します。月経不順の原因となる多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で排卵機能改善に効果があったという報告があります。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん):冷え症、貧血気味、月経時の経血の量が少なく長引くといった症状に有効な漢方です。貧血や冷えを防ぐために、バランスのよい食事を心がけるほか、睡眠をよくとることも大切です。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん):血行不良による冷えや月経痛、頭痛やめまいの症状を改善します。冷えを防ぐためにも冷たい飲み物を控えるなどの生活環境も変えてみるとよいでしょう。

<月経周期が短くなる場合>

加味逍遥散(かみしょうようさん):体が虚弱で疲れやすい、風邪をひきやすい、汗をかきやすいといった症状や、イライラや不安感等の精神症状にも有効です。具体的には、手足の冷え、のぼせ、月経痛、頭痛、肩こり、けん怠感、不眠、神経症などに適応します。また、更年期障害や自律神経失調、月経前緊張症などにも用いられます。 、過労にならないように休養をとり、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。 

桃核承気湯(とうかくじょうきとう):のぼせて便秘がちな方の頭痛、便秘、めまい、肩こり、月経不順の改善に用いられます。便秘を防ぐためにも水分をしっかりとり、乾燥したもの・辛いものを控えて、ストレスをためないことが大切です。

ピルの使用

低用量ピルは女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンを配合したお薬で、体の外から女性ホルモンを取り入れることで人工的に月経周期を作り出します。薬により、1週間ほど休薬するタイプと、偽薬を飲み続けるタイプがありますが、どちらのお薬でも1ヶ月に1回程度月経と同じように出血が出ることになります。昨今では3ヶ月に1度出血を起こすタイプのピルもあり、ライフスタイルに合わせた利用が可能となっています。ピルの副作用には、頭痛や吐き気、不正出血、むくみなどの症状が起きる場合があります。徐々に慣れていき1〜3クール飲み終える頃には副作用が消失する場合が多いです。また、頻度は少ないですが血栓症の副作用も報告されていますので、血栓症になりやすい体質の方は注意が必要でしょう。

月経不順と病気の可能性

月経不順はホルモン分泌の異常で起こるが、ホルモン分泌の異常を生じる病気には以下のようなものが挙げられます。月経不順を放置してしまうとこれらの病気が悪化することがあります。

ストレスによる月経不順:ストレスによって脳の視床下部に負担がかかり、女性ホルモンの分泌がうまくいかず月経不順になることがあります。一時的な異常のこともありますが、無月経が続くこともあり3ヶ月以上続くと戻りが悪くなる可能性もあります。

黄体機能不全症:排卵後にできる黄体から十分なホルモン分泌がされず、子宮内膜の分泌性変化が起こらない状態。不妊症や流産、不正出血の原因になることもある。

多嚢胞性卵巣症候群:卵巣に小さな卵胞が多く作られるものの、大きな卵胞に育ちにくく、かえって排卵が起こりにくくなっている状態です。排卵障害を生じることが多く、月経周期が長くなるのが特徴です。排卵が傷害されるため不妊の原因となり、また男性ホルモンも増加するためニキビが増えるなどの症状が起きやすくなります。

これらの病態はあくまで原因の一部であり、実際にどんな病態が考えられるかによっても対処法が異なるため詳しくは婦人科に受診して相談してみましょう。

病気を疑う場合は婦人科へ

月経不順は、日常のストレスやダイエットなど不適切な生活習慣、思春期や更年期など特定の時期に起こるホルモンバランスの揺らぎによって起こることが多いですが、多嚢胞性卵巣症候群や黄体機能不全のように一時的なものではなく、体質的に起こることもあります。後者の場合不妊症につながる可能性もあるため、月経不順が長引く場合は早めに婦人科を受診しましょう。その際に、基礎体温表は排卵の有無や黄体の機能を把握するために重要な情報になるので、日頃から基礎体温を管理しておくとよいでしょう。

まとめ

月経不順は、疲労、ストレス、過度のダイエットなどの不適切な生活習慣の積み重ねにより女性ホルモンバランスが乱れることによって引き起こされることが主な原因とされています。日頃から規則正しい生活習慣を心がけ、バランスの良い食事、十分な睡眠、ストレスのない生活を意識することで改善することもあります。生活習慣を改善しても治らない場合は、婦人科を受診し、病気の有無や原因を検査した上で、ピルや排卵誘発剤などの適切な治療を受けましょう。

自宅でできるホルモン検査
この記事をシェア